【真相】巨人・菅野智之は本当はジャイアンツが嫌い?メジャー行き希望するも実力は通用しない?

Pocket

日本の球界を代表するピッチャーといえば巨人(ジャイアンツ)のエース菅野智之ですよね。

2018年の契約更改ではなんと!6億5千万円でサイン!

これは2005年の大魔神・佐々木主浩に並ぶ、日本の球界史上で最高額になるんですね。

そんな絶好調の菅野智之に意外な情報があります。

それは・・・なんと・・・巨人(ジャイアンツ)の事が嫌いだというのです!

その真相は・・・?

今回はそんな菅野智之の知られざる真相に迫って見たいと思います。

Sponsored Link

6億5千万円の年棒は適正ではない?

日本の球界史上最高額の年棒でサインした菅野智之ですが、その金額は適正なんでしょうか?

結論から言うと適正であると思います!

現役時代に沢村賞を2回受賞した元ソフトバンクホークスピッチャーの斉藤和巳は次のように評価しています。

「今の日本球界では一人だけ次元が違う。普通に投げれば勝利できる。プロ入りからたった6年であのレベルまで達した事は相当すごい事。」

と菅野智之のピッチングを絶賛しています。

2018年の実績で見ても、最多勝、最多奪三振、最優秀防御率のセリーグ3冠を獲得。

更には2年連続の沢村賞の受賞とどこをとっても文句のつけようがないくらいの実績です。

これを考えると6億5千万円の年棒は適正であるどころか、もう少し価値があるのでは?と思うくらいです。

Sponsored Link

心は既に巨人(ジャイアンツ)ではなくメジャー!?

契約更改後の会見ではシーズン20勝の目標を掲げるなどの意気込みも語っていた菅野智之ですが、その心は既に巨人(ジャイアンツ)ではなく、メジャーにあるようなんです。

菅野智之は元々メジャーに行くことを宣言していたんですが、昨年の素晴らしい実績と国内球界最高額の年棒を得たことよって、メジャーに対する思いが一段と強くなったみたいです。

それはそうでしょうね、日本球界ではもう向かうところ的なしの状態で、正直、これ以上上を目指そうにもそれは大きなモチベーションにはならないのです。

そうなるともう目指すはメジャーしかありません。

Sponsored Link

本当は巨人(ジャイアンツ)の事が嫌い?

驚くべき情報です。

菅野智之は本当は巨人(ジャイアンツ)の事が嫌いだというのです。

その理由はと言うと、

前述の通り、菅野智之は本当はメジャーに行きたいと思っているにも関わらず、それを巨人(ジャイアンツ)が許してくれないからなんです!

巨人(ジャイアンツ)は選手に対してポスティング制度を認めていません。

そうなるとFA権を取得して出て行くしかないのですが、菅野智之がFA権を取得できるのは2021年のシーズン終了後です。

更には伯父である原監督を説得させる必要があるのですが、原監督は絶対にそれを許さないとされているんです。

本当はメジャーに行きたいのに、球団がそれを許してくれないために菅野智之は巨人(ジャイアンツ)の事が嫌いに思っているようなんですね。

Sponsored Link

菅野智之はメジャーで通用しない?

では仮に菅野智之が将来メジャーに行けたとして、その実力は通用するのでしょうか?

菅野智之がメジャーに行けるとすると最短では2021年です。

年齢にすると32歳です。

正直、32歳のピッチャーではメジャーでは通用しないと思います。

その理由はメジャーでは年齢に対する評価が非常に厳しく、なおさら、ピッチャーである菅野智之は既に日本で相当な球数を投げ込んでおり、活躍できてもあと数年の寿命と評価されるためです。

そんな理由から菅野智之がメジャーでは通用しないのではと思います。

ですが、1年2年とわずかな期間だけでもメジャーに挑戦する価値はあると思います。

日本でこれだけ活躍したピッチャーですから、日本の球界の実力がメジャーでどこまで通用するのか?多くの日本人は興味があると思います。

いずれにせよ、日本を代表する大ピッチャーにまで成長した菅野智之の今後の動きには目が離せませんね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。