【要注意!】入浴中の死亡が多発!寒くなるこれからの季節に注意!有効な対策は?

Pocket

最近急激に寒くなってきましたね。

寒くなるとちょっと面倒でも毎日お風呂にお湯をためてゆっくりと浸かりたいですよね〜。

でも最近、入浴中に死亡してしまう事故が増えているというのです。

お風呂で滑って転倒して頭を打って・・・ではないんです。

急激に熱いお風呂に入ったことによるヒートショックによる死亡、これは決して高齢者だけの問題ではないのです。

若くて健康な人でも気をつけないといけないようです。今回はその対策法について投稿します!

Sponsored Link

入浴中の死亡が多発!交通事故の5倍!

厚生労働省によると入浴中の死亡数は年間19000人と交通事故による死亡数の5倍の数値のようです!

1日の疲れを癒すはずのお風呂場でまさか死亡するとは思わないですよね。。

そして、入浴中に亡くなる方の大半が亡くなる前には意識を失っているそうです。

苦しくてもがくこともなく、浴槽に浸かりながら意識を失い、そのまま溺れて死亡に至るというのです。

安楽死のような亡くなり方ですが、事実、このような死亡事例が後を絶たないとのことです。

寒い環境から急に熱い環境に体が対応できなくなる、いわゆる、「ヒートショック」が原因です。

特に寒くなるこれからの季節、入浴する機会も増えてきますので特に注意してください。

Sponsored Link

寒くなるこれからの季節に注意!

(出典:消費者庁「冬場に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください」より)

入浴する際は当然、脱衣所から服を脱ぐところから始まりますが、実はヒートショックの要因はここから始まるのです。

服を脱ぐことにより体は急激に冷やされます、直後に熱い湯に浸るわけですが、その時、体は逆に急に温められることになります。

そうすることで体は短時間の間に高い寒暖差の環境にさらされることになるのです。

特に血圧が変動しやすい高齢者はこの大きな寒暖差が体に大きな負担を与えます。

場合によってはこれが原因で意識障害に繋がることもあるようです。

寒暖差により血管が拡がったり縮まったりします。これが急に起きてしまうと脳内の血液がうまく循環しなくなり意識障害に至ると考えられています。

上のグラフを見ると寒くなる12月から2月にかけて特に注意が必要です!

寒くなるこれからの季節は特に注意が必要なんです!

Sponsored Link

ヒートショックが起きやすい都道府県は?

一つ興味深い集計データがあります。高齢者の入浴中の溺死率が高い都道府県のデータがあります。

溺死率が高い 溺死率が低い
福岡県 沖縄県
富山県(北陸) 京都府
福井県(北陸) 青森県
和歌山県 山口県
兵庫県 埼玉県
神奈川県 栃木県
新潟県(北陸) 千葉県
秋田県(東北) 北海道
山形県(東北) 宮崎県

(出典:鈴木晃「空衛」2011年11月号より)

上の表を見ると北陸や東北地方の比較的寒冷地域で発生しやいことが分かります。

やはり寒い地域は特に注意が必要なようですが、北海道は?もっと寒いじゃないか??

と思う方もいるかもしれません。

北海道は私も仕事の都合で2年ほど生活したことがあるのですが、大体の建物は窓は2重窓で、オイルヒーター等の建物全体が常に温められている建物が多いんです!

従って、あれだけ寒い北海道でも室内や脱衣所、浴槽内の気温差はほぼ一定に保たれていてヒートショックが起こりにくい環境が既にできているのです。

さすが北海道、寒冷地ならではの生活の知恵がこんな場面でもしっかりと活かされているんですね!

Sponsored Link

ヒートショックに有効な対策は?

まずもって、入浴する際は脱衣所と浴室内の温度差を極力一定に保つことです

最近では備え付けの暖房器具が設置してある建物も増えてきましたが、無い家庭の場合はコンセント式のヒーター等で脱衣所を十分に温めておくことが重要です。

浴室内も冷えている場合もありますので、浴槽に張ったお湯をしばらく蓋をせずに熱気で室内を暖めておく、または熱いシャワーをしばらく浴室の壁や床にかけて温めておくことが有効です。

ご家族がいらっしゃる場合は1番風呂は避けましょう。

2番湯は既に浴室と脱衣所の温度が一定に保たれている事が多いので、心配な方はこちらもお勧めします。

また、長湯もあまり良くないようです。寒い時期は長湯しがちですが、こちらも極力控えましょう。

お湯に浸かるのは5分程度が最適と考えられています。

お風呂のお湯は38度から40度が適温とされています。寒いからといって過度に熱いお湯に浸かるのはヒートショックのリスクが高まります!

いきなり浴槽につかってはいけません!まずは体にかけ湯を行ってからです。シャワーがあればぬるめの温度で下半身からゆっくりとかけ湯を行っていきましょう。

浴槽に浸かった後は急に立ち上がるのも良くありません。血管の収縮が急激に起こらないようゆっくりと立ち上がる事が重要です。

最後に、最も重要なことは?

最後に、ご家族がいらっしゃる場合は何と言っても声がけが重要です。

お風呂に入る前には必ず一声かけてから入ること、そして、何か異変を感じた場合はすぐに大声ですぐに駆けつけられる体制をとっておくことが重要です。

お風呂は1日の疲れをしっかり癒す場です。ゆったりと癒されるためにも普段からこうした家族間のコミュニケーションも重要な要素になってくるはずです。

超高齢化社会へと突入する日本ですが、ヒートショックに限らず、こうした普段のコミュニケーションは不慮な事件や事故を未然に防ぐためにとても重要なことになると思います。

あの時こうしていれば!と後悔しないためにも自ら積極的にコミュニケーションをとっていくことを普段から心がけていきましょう!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。