【最新情報】元貴乃花親方がついに始動!目標は将来の大横綱の指導!?政治家転身は諦めた?経済的な状況は?

Pocket

2018年は大相撲界での暴力問題が泥沼化しましたね。

最終的には横綱日馬富士の引退、貴乃花親方の角界からの追放と、現代の大相撲界では最大の事件が勃発した年だったのではないでしょうか。

とりわけ貴乃花親方の角界追放のニュースはほんとに衝撃的でしたよね。

平成の大横綱と言われた面影は今はすっかり影を潜めてしまっています。

Sponsored Link

元貴乃花親方は地方で精力的に活動中

元貴乃花親方は以前より大相撲を目指す子どもの育成を目指してきました。

相撲をやってみたくても、今全国には土俵がありません。

元貴乃花親方は全国に土俵をたくさん作りそこで子どもの指導にあたっていくことを決意したのです。

2018年11月3日、元貴乃花親方は福岡県田川市の「炭坑節まつり」に参加していました。

田川市は以前から九州場所の際に拠点としていたことから今でも多くの元貴乃花親方の支援者いるとされています。

元貴乃花親方にとってはこの地は特別な場所であり、角界追放後の初仕事としてこの地を選んだのです。

Sponsored Link

目標はこの地で将来の大横綱の指導!?

「炭坑節まつり」では毎年ちびっこ相撲が開催されているのですが、元貴乃花親方にとっては今年は一層の思い入れがあったようです。

会場内でちびっこ相撲の子ども達を見つけるやいなや、その場で「四股を踏んでみなさい」とその場で熱心に指導していたのです。

もしかしたら、この地で将来の大横綱を指導することを目標としているのかもしれませんね。

大相撲協会とは大きな確執をうんでしまいましたが、この地で再起して将来大きな逆襲に打って出ようとでも考えているのでしょうか!?

Sponsored Link

政治家への転身は諦める?

角界追放後はバラエティ番組にも出演するなど活動は幅広くなっています。

これまで世間にマイナスな印象を持たれたことへの挽回を決意しているのでしょうか。

それとも政治家への転身を考えているのでしょか??

しかし政治家への転身は難しいと考えているようですね。

なぜかというと、元貴乃花親方は組織に属するタイプの人間でないからです。

自分自身の意見を推し進めるタイプなので、世間の意見をしっかりと聞きながら政策を進めていくような政治家には向いていないと言われているからです。

という点から元貴乃花親方は既に政治家への転身を諦めているとされています。

Sponsored Link

元貴乃花親方は経済的に厳しい状況?

貴乃花部屋は以前から経済的に良い状態ではありませんでした。

貴乃花部屋がある建物の家賃滞納もあったようです。

しかも今現在も滞納があると言われているのですが、それでも賃貸を続けている状態のようです。

因みにその家賃はなんと!月70万円もするのです!

今や相撲関連からの収入は無いはずです。

厳しい経済的な状況を改善するためには柱となる収入源を築いていく必要があり、スポンサー探しや、テレビ出演といった活動を考えているのかもしれません。

将来の大横綱を指導するためにはまずは基盤を構築していくいことが重要です。

元貴乃花親方には高感度アップが必要

元貴乃花親方にとって今一番必要なものはズバリ高感度アップではないでしょうか。

前章で説明の通り、最近ではテレビ出演(しかもバラエティ番組)を行いました。

これまでの貴乃花には考えられなかったことですよね。

何を始めるにもまずは高感度をアップせねば・・・

という思いから、これまでは積極的でなかったテレビ出演にも今後は積極的に出演する事を考えているのかもしれません。

元貴乃花親方は自らの手で将来の大横綱を育成していくことが、確執をうんだ大相撲協会への最大の反逆と捉えているのかもしれません。

そのためのハードルはまだまだ高く、今後の地道な活動に注目が集まります。

引き続き頑張ってほしいですね。

お願い

この記事を読んで「いい!」と思った方は↓のボタンからシェアやフォローをよろしくお願い致します!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。