【テニス】大坂なおみ選手が快挙!なぜ急激に強くなったのか?心の支えはイケメンのドイツ人!?

Pocket

やりました!

2018年9月8日(現地時間)、テニスの全米オープンの決勝がニューヨークで開かれ、見事に日本の大坂なおみ選手(20)が日本人初の優勝を果たしました!

大快挙です!

なぜかというと、全米オープンテニスは世界中で開かれる大会の中でも4大大会の一つとされていて、この大会で優勝することはテニス選手にとって大きな目標となっているんです。

大坂なおみ選手は最近テレビでも見る機会が増えてきたので、よくご存知の方も増えてきていると思います。

最近成長が目覚ましい大坂なおみ選手がなぜ急激に強くなったのでしょうか?

優勝の陰で支えとなっていた人物の存在とは?

本日はそんな気になる大坂なおみ選手に迫ってみたいと思います!

Sponsored Link

大坂なおみ選手の全米オープン優勝はどれくらい凄いのか?

大坂なおみ選手の全米オープン優勝はどれくらい凄いのでしょうか?

これまでの日本人選手の4大大会での最高成績は2014年の全米オープンで準優勝した錦織圭選手(当時26歳)、女子では1973年の全豪オープンでベスト4まで進んだ沢松和子選手。

そして、1996年にウインブルドン大会でベスト4の成績を残した伊達公子選手の3名のみなんです。

大坂なおみ選手は流星のごとく現れ、あっさりと日本人前人未到の4大大会優勝のタイトルを手にしたのです。

これで、どれくらい凄いか分かっていただけたでしょうか?

因みに、あの松岡修造さんは1995年にウインブルドン大会でのベスト8が最高成績となります。

全米オープンでの優勝はとにかく凄いんです!

Sponsored Link

大坂なおみ選手の気になる最新の世界ランキングは?

気になるのは、今回の大坂なおみ選手の全米オープンでの優勝によって世界ランキングはどこまで上昇したかですよね?

その答えは、、

なんと7位で18位から10以上もランキングが上がる事が決まりました!

世界で7番目です!凄いです!

大坂なおみ選手は2013年9月にプロに転向したばかりで、わずか5年で偉業を達成したということにもなりますね。

因みにこれまでの日本人の世界ランキングの最高位は1995年に伊達公子選手が記録した4位です。

大坂なおみ選手であればあっという間に到達してしまいそうな勢いですよね。

また、優勝賞金もさすがの金額です。

その金額はなんと、、380万ドル、日本円にすると約4億2000万円!

1大会で優勝するだけで4億円です。

サラリーマンの生涯年収を大会期間中に獲得してしまうんです。。

なんという20歳なんでしょう!

世のお母さん、お父さん方、お子さんにはぜひテニスをお勧めします。(笑)

Sponsored Link

大坂なおみ選手はなぜ急激に強くなったのか?

大坂なおみ選手なぜ急激に強くなったのでしょうか?

大坂なおみ選手はこれまで大会中にミスを起こしてしまうとラケットを投げつけたり、表情が強張らせたりする事がありましよね。

若さのせいか精神的にまだまだ大きな大会での優勝するだけの実力はないのでは?と言われていました。

しかし、今回の大会ではその精神的な弱さを封印し、一気に克服したのです。

確かにゲーム中にミスを犯してしまっても、振り上げた拳を沈めるかのように自身に言い聞かせるような場面を多く見ることができました。

大坂なおみ選手が本大会で急激に強くなれた一つの理由がここにあると思います。

そしてもう一つ、

今回の決勝戦では絶対的な王者であるセリーナ・ウイリアムズ選手との対戦だったのですが、大坂なおみ選手は対戦相手が強ければ強いほど闘争心に火がつくと言われています。

セリーナ選手は大坂なおみ選手にとって幼い頃からの憧れの選手でもありずっと目標にしてきた選手なのです。

そんな相手との決勝戦という場での対戦でしたので闘争心に更に火がついたのでしょう。

そう、相手が強くなればなるほど、大坂なおみ選手は強くなれるのです。

大坂なおみ選手は、そんな二つの条件によって、急激に強くなれたのです。

Sponsored Link

大坂なおみ選手の心の支えはイケメンのドイツ人?

大坂なおみ選手の優勝の陰で絶対的な心の支えとなっていたあるイケメンのドイツ人の存在があります。

それは今年から大坂なおみ選手を指導するサーシャ・バインコーチ(33)です。

このサーシャ・バインコーチはとにかくイケメンなんです!

サーシャ・バインコーチは大坂なおみ選手の最初の印象について「恥ずかしがり屋で愛らしい」と語っています。

大坂なおみ選手は身長180センチありますが、その長身から振り落とされるサーブはなんと200キロを超えるようなんです。

最初から実力には太鼓判を押していた反面、やはり精神面での不安定さも同時に見抜いていたといいます。

ですが、サーシャ・バインコーチはこれを「うそ偽りがない性格」とプラスに受け止めていたのです。

サーシャ・バインコーチは元々女子選手のコーチに定評がありました。

ゲーム中はもちろんプライベートでも献身的に付き添い、大坂なおみ選手の精神面でのフォローを絶やさなかったといいます。

事実、ゲーム中に大坂なおみ選手が精神的に不安定になった際も、すぐに横につき、「大丈夫、君ならできる」と言い聞かせるような場面もありましたよね。

大坂なおみ選手にとってサーシャ・バインコーチは大きな心の支えになっていたことは間違いありません。

最後に

優勝本当におめでとうございます!

まだ若い選手ですので、今後ますます活躍する姿に期待したいですね!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。