【プライベート情報有り】さくらももこさんのがん闘病の治療法を紹介。プライベートでは2度結婚を経験していた!?遺産総額は20億円を超える!?

Pocket

2018年8月15日、ちびまる子ちゃんの作者で知られる漫画家のさくらももこさん(享年53歳)が亡くなりました。

私は8月28日にヤフーの速報でそのニュースを知りました。

本当にショックで信じられませんでした。

日曜6時になるとテレビの前で家族と一緒にちびまる子ちゃん→サザエさんの流れでまったりとした時間を過ごす。

それは日本全国どこにでもありふれた日常でした。

そんな国民的なアニメの作者が急逝してしまい、当たり前の日常がどうなってしまうのか不安に思う人も多いと思います。

でもご安心ください。

アニメちびまる子ちゃんはこれからも継続されます!

きっとさくらももこさんがいろんなアイディアを残してくださっていたのだと思います。

今日はあまり知られていないさくらももこさんのプライベート情報に迫って見たいと思います。

Sponsored Link

さくらももこさんの基本プロフィール紹介

それではまずはさくらももこさんの基本プロフィールの紹介です。

本名 非公開(旧姓:三浦美紀)
生年月日 1965年5月8日
享年 53歳
出身 静岡県清水市
身長 159㎝
自宅所在地 東京都目黒区
活動開始 1984年
血液型 A型
出身高校 静岡県立清水西高等学校

誰もがご存知の通り出身は静岡県清水市(現在の静岡市清水区)です。

漫画家としての活動は1984年から行なっており、いつからかは不明ですが、売れっ子になってからは活動拠点を東京に移していたみたいです。

さくらももこさんは自身のプラベートについて多くを話さない方でしたので、プロフィールの内容も以上となります。

Sponsored Link

さくらももこさんは7年間のがん闘病生活をおくった、治療法は?

上の写真は、静岡県清水区にあるちびまる子ちゃんランドです。

アニメちびまる子ちゃんのセットがリアルに再現されていて、ファンでなくともちびまる子ちゃんの世界を十分に堪能できるはずです。

ぜひ一度訪れてみてください!

さて、53歳の若さで亡くなったさくらももこさんですが、死因は乳がんでした。

そして驚くことにがんとの闘病生活は7年間にも及んだようです。

その治療法はどのような内容だったのでしょうか?

実はさくらももこさんは数年にわたり通院しながらホルモン療法などの薬物療法を受けていたようなんです。

7年近くの間、治療を続けていたにも関わらず残念ながらがんを克服することはできませんでした。

がん治療に詳しい専門家によると、さくらももこさんのように薬物治療で長い間闘病生活を送っていて、急に亡くなってしまうケースは珍しい事ではないようです。

あまりにも急な死であった可能性もあるということです。

経済的に余裕があるような方の治療法でもこんなに急に亡くなってしまう事があるのだと、がん治療の難しさを感じさせられます。

Sponsored Link

さくらももこさんは結婚を2度経験していた

プライベートは謎に包まれいるさくらももこさんですが、実は結婚は2度していました。(再婚)

一人目の夫は1986年に掲載を開始した「ちびまる子ちゃん」の編集担当者でした。

結婚したのは1989年のことでした。

この方とは連載当初からずっと二人で作品を手がけてきたようです。

1994年には二人の間に息子を授かります。

この夫は結婚後にさくらプロダクションの代表に就任しました。

その後、作品は爆発的な人気を博し、1992年には夫婦揃って高額納税者ランキングに名を連ねるまでになったのです。

しかしその後、仕事上の衝突が多くなり1998年に協議離婚が成立したのです。

この夫はその後、さくらプロダクションの代表を退任し、海外に拠点を移して、現在は音楽関係の仕事に就いているようです。

この夫は現在、海外からさくらももこさんの死をどのように受け止めているのでしょうか。

離婚後、母と子で二人の生活を送っていたさくらももこさんに転機が訪れたのは2003年の事でした。

二人目の夫が現れたのです。(再婚)

そのお相手はイラストレーターのうんのさしみ氏(49)でした。

なんときっかけは、当時9歳だった息子で、以前から「お父さんになって」とうんのさしみ氏に強い信頼を寄せていたのです。

さくらももこさんと交際中から家族のような間柄だったようですね。

このようにさくらももこさんは結婚を2度経験されていました。

この経験は少なからずさくらももこさんの作品にも影響を与えていたのでしょうか。

Sponsored Link

さくらももこさんの遺産総額は20億円を超える?

多くの作品を残して亡くなってしまったさくらももこさんですが、その遺産総額はなんと20億円を超えるようです。

ちびまる子ちゃんの累計発行部数はなんと、3200万部以上!日本国民の4人に一人が持っている計算です!これだけでも驚異的です!

概算ですが印税にすると12億円を超えるといいます。

さくらももこさんはエッセイも発行していました。

発行部数が200万部を超えミリオンセラーとなった「もものかんづめ」(集英社)の印税に関しては2億円とも言われています。

これ以外にもコミックやエッセイを多く出版しているためその印税収入全部を遺産総額とすると20億円を超えるのです。

さくらももこさんは都内にも豪邸!ちびまる子ちゃん御殿!

「ちびまる子ちゃん御殿」とも言える、さくらももこさんの自宅兼事務所が東京の目黒にあります。

その敷地面積は約90坪、地下1階、地上3階建ての一戸建てで家族が経営する不動産管理会社の名義で所有していたようです。

最後に

さくらももこさんの作品や意思がこれからも長く、次の世代にも生き続けていってほしいですね。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。