【ニュース】新潟少女殺害事件・小林遼容疑者の性癖は?前科あり?事件を未然に防ぐことはできなかった?

Pocket

2018年5月14日、新潟県新潟市で起きた少女殺害事件で地元に住む大桃珠生さん(7)の小林遼容疑者(23)が遺体遺棄の疑いで逮捕されました。

小林容疑者は大桃さんの遺体をJR越後線の線路に遺棄して損壊させた疑いがあるのです。

とても残忍で卑劣な犯行ですが、逮捕された小林容疑者の性格や過去の素行はどのようなものだったのでしょうか?

今回はこの事件の真相に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

小林容疑者は前科あり?以前よりマークされていた?

実は小林容疑者は以前より警察にマークされていたようです。

事件発生後、新潟県警が現場の線路周辺を捜査する中で、柵などから小林容疑者の指紋が採取されたようです。

小林容疑者は2018年4月に車で女子中学生を誘拐し、わいせつな行為を行った容疑で青少年健全育成条例違反の容疑で書類送検されているようです。

そうです、前科ありなのです。

新潟県警はこの事件をきっかけに小林容疑者をマークするようになったといいます。

小林容疑者の自宅は現場から70メートルの距離にあります。

小林容疑者が乗る軽自動車の動きを追ったところ毎日ように現場周辺を往来していたようですが、勤め先に行く様子もなかったようです。

警察はこのままでは小林容疑者が逃亡する可能性があるとして逮捕に踏み切ったようです。

Sponsored Link

小林容疑者の過去は?勤務先の会社社長の印象は?

小林容疑者の自宅は大桃さんの自宅から100メートルほどしかないようです。

家族は両親、姉、弟の5人家族のようです。

小林容疑者の過去はどのようなものなのでしょうか?

地元の新潟市内の小中学校に通い、中学校では科学技術部という部活にも入っていたようです。

その後、新潟県内の工業高校に進学し電気を学びました。

高校卒業後は地元の電気設備関連の会社に就職しました。

小林容疑者の勤務先の会社の社長によると、

「小林容疑者は入社して6年、仕事は電気工事関連。ビルや建物の照明工事をしたり、電線を引いたりという仕事をしていました。

働きぶりはいたって真面目、無断欠勤もありませんでした。

2018年4月に発生した事件で書類送検されていたというのも最近の報道で知りました。

会社の同僚との付き合いも普通でした。会社の飲み会やイベントも欠かさず参加していました。」

このように普段の小林容疑者は至って普通で、むしろ真面目一徹な印象すらあります。

小林容疑者の周囲の方達は今回の逮捕に本当に驚いたのだと思います。

Sponsored Link

小林容疑者の性癖は?真正ペドフィリアだった?

小林容疑者は大桃さんを車ではねてしまい、パニックになって車に乗せたと供述しているようです。

しかし、警察の発表によると大桃さんの遺体には車に追突された形跡は残っていない事が分かっています。

また、押収された小林容疑者のスマートフォンからは小児性愛に関するサイトの閲覧履歴が見つかったという報道もあります。

小林さんと大桃さんの自宅はすぐ近くということもあり、昔からの顔見知りで計画的に大桃さんを狙って犯行に及んだ可能性もあるのです。

ある精神科医の分析によると、

小林容疑者は、いわゆる小児性愛者である可能性が高いといいます。

小児性愛者には2種類あって、一つは児童しか性の対象にならない「真性ペドフィリア」

そしてもう一つが、大人の女性に相手にされないために、その代用として児童を相手に性欲を要求するペドフィリアがあるようです。

これまでの報道内容をみると、小林容疑者はこの「真正ペドフィリア」である可能性があるといいます。

このペドフィリアは見た目ではなかなか気づくことができないため、普段はその気がないように見える人でも実はペドフィリアであるということもあるようですね。

最初から人を疑うようなことはできないですが、意外な人物がこのペドフィリアである可能性もあるかもしれないと思うと少し恐ろしくなりますよね。。。

Sponsored Link

事件を未然に防ぐことはできなかった?

前述の通り、小林容疑者は前科ありです。

では警察はもう少し前から小林容疑者をマークし、今回のような悲惨な事件を未然に防ぐことはできなかったのでしょうか?

性犯罪には予兆がある事が多いようです。

小林容疑者もわいせつ容疑の前科もあるのですから、もう少し以前から要注意人物として定期的なマークをすることや、

必要に応じて、家族や職場の周囲の人から近況をヒアリングするようなことで些細な変化にも気を配るようなことがあっても良かったのかもしれません。

悔やんでも過去に戻ることはできませんが、警察のこれまでの対応が完璧であったとは言えないと思います。

まとめ

今回のような悲惨な事件は二度と起きないことを願うばかりですが、小林容疑者のような性癖を持つ人物が暴走したことを考えると、とても恐ろしいですよね。

近所のあの人が・・・、会社のあの人が・・・、疑いたくないですが、ちょっとでも特殊な性癖がある人物は周囲がサポートするような仕組みが必要なのかもしれません。

そのためには、お互いがちゃんとコミュニケーションをとることが重要ですので、普段から相手のことをちょっとでも気にかけるような余裕が必要なのかもしれないですね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。