【芸能】芸能事務所エー・チームの小笠原社長の素晴らしい人間性に迫る!

Pocket

5月8日、芸能事務所「エー・チーム」の代表取締役社長の小笠原明男さんが大腸癌の為

にお亡くなりになられました。

訃報を聞いても、この方はどなた?という反応が多かったと思います。芸能事務所ってい

うのは一般の人には馴染みのない存在ですから。

しかし、今回の訃報は、大物芸能人当人の訃報をも凌ぐほどの大きな反響を呼んでいます!

一体何故なのでしょうか?真相に迫りたいと思います。

Sponsored Link

小笠原社長とは

アパレル会社の勤務を経て芸能事務所へ入社。

この時に石田純一のマネージャーを務めたと言われています。

1996年、40歳前後にして自ら芸能事務所「エー・チーム」を設立されています。

Sponsored Link

小笠原社長のお人柄は?

私も(もちろん)直接お会いしたことはありません、しかし、一人の人間としてこの訃報に向き合っただけで、小笠原さんのお人柄が読み取れます。

葬儀、告別式が行われたのが12日。お亡くなりになったのが8日。お亡くなりになってからわずか3日足らずだったにも関わらず、訃報を聞きつけて葬儀に参列されたのはなんと2000人以上。

多くの芸能人、芸能関係者、そして参列された多くの方々は訃報を聞いてからわずか2、3日で予定を調整されて参列されたことになります。みなさん、色々とご予定があったことでしょう。にもかかわらず、これだけ多くの人が集まっておられる。きっと小笠原社長のお人柄なんでしょうね。

メディアでは「仕事熱心、優しく穏やかな人柄を慕って業界内外から人望があった」と総括されています。しかし、こういう表面的な言い方では言い表せない何かを一般人としても感じてしまいます。

タレントさんたちとどんな関係だったのでしょうか。

Sponsored Link

ほしのあき

競馬騎手の三浦皇成と結婚後、通販の広告問題で表立った芸能活動を控えていたほしのあき。しかし、TV露出が減り、40歳を過ぎても衰えぬ美貌・スタイルは誰もが知るところですよね。

ほしのあきってなんでいつまでも記憶に残っているんだろう??って思った時、この人の名前が平仮名であることが関係あるのではないかと思ってしまいました。本名は星野亜希ですが、これを平仮名に改名させたのが小笠原社長だそうです。

改名によってイメージチェンジとなり、仕事の依頼量が増えたのだそうです。

ほしのあきの人生の分かれ道に小笠原社長がいらしたのでしょうね。

Sponsored Link

伊藤英明

最近では北斗の拳「ケンシロウ」に扮したTVCMがハマっている!と言われる伊藤英明。TVドラマ・映画の「海猿」でも鍛え抜かれた肉体を披露。彼も40歳を過ぎて尚、不動の役者の地位を築いていますよね。

過去に伊藤英明は一度芸能界から引退、しかし、小笠原社長が呼び戻し今に至るのだそうです。伊藤英明が「父親以上の存在」と言うのも頷けます。

吉岡里帆

以前の当ブログでも取り上げていますが、過去数え切れない回数のオーディションで落選しながらも今の地位を築いた苦労人。この苦労を支えていたのが小笠原社長だったんですね。今となっては、TVで見ない日はないと言ってもよい存在。

吉岡里帆が「お父さん」という程慕っていたことは、単に葬儀での吉岡里帆の嗚咽を見て想像もできますが、できれば吉岡里帆の過去の苦労から見ていると、小笠原社長のお人柄に触れられるように思います。

まとめ

上述以外にも数え切れない多くの俳優・女優を抱えていた小笠原社長。ただ仕事熱心なだけであればこれほど愛される存在にはならなかったことでしょう。単に「いい人であった」というのも陳腐な言葉な気がしてしまいます。ですので、失礼ながら吉岡里帆の小笠原社長に対するコメントを掲載させていただきます。

ハワイとゴルフがお好きだったとのこと、葬儀もハワイとゴルフ場をイメージしたものでした。ご冥福をお祈りします。

「1人じゃなくて、全体のチームで、家族でやっている仕事だから、何があっても1人じゃない。見てくださる方に楽しんでもらうこと。これに尽きる」と、いつも教えてくださっていて。どんな仕事をするときも、どうすれば喜んでいただけるかをいつも考えることだったり。周りを大切にすることだったり、本当にすごいかっこいいんですよ!ここにいらっしゃったら皆さんも分かると思うんですけれど、みんなのことが大切で大切で愛情をいっぱい届けていらっしゃったから、こんなたくさんの人が集まってくださったと思うんです」。

「だから、本当に私にとっては、一緒に仕事ができたことが誇りですし、明男さんのこの会社を立ち上げて、こうしてこられた時間をちゃんと守らなきゃいけないと思います。」

心よりご冥福をお祈りいたします。

そして、改めて、日々に感謝して生きていこう、誰かの為にも一生懸命生きていこうと思わされました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。