【スポーツ】イチロー選手が球団の特別補佐に就任!大谷選手との対戦で勝つのはどっち?来季は日本で引退試合も?

Pocket

2018年5月4日、マリナーズのイチロー選手(44)が球団の特別補佐に就任したことを発表しました。

同時に、今シーズンの選手としての出場はないということも発表。

引退か?と日本中が騒めきましたよね。。

安心してください!引退ではないようです。

来年以降は選手として復帰する可能性についても言及され、一旦今シーズンはお休みという、なんだかちょっと中途半端な扱いだな・・・と思った方も多いはず。

今回はそんなイチロー選手の特別補佐就任の真相や引退の可能性について迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

大谷選手との対戦直前の発表には意味がある?

それにしても突然の発表でビックリしましたよね。

5月7日にはあの大谷選手(23)との初対戦も期待されていました。

日本の”宝”とも言える両者の対決には日本中が楽しみにしていたはずです。

この大谷選手との対戦直前での発表には何か意味があるのでしょうか?

結論、これはたまたまだったようで、わざと大谷選手との対戦直前に合わせたというようなことは無いようですね。

でもイチロー選手と大谷選手との対戦、見たかったですよね〜

ほんとに残念ですが、来年に見られることに期待したいと思います!

Sponsored Link

イチロー選手と大谷選手が対戦したらどちらが勝っていた?

今回は残念ながらイチロー選手と大谷選手の対戦は見られませんでしたが、仮にイチロー選手と大谷選手が対戦していたらどちらが勝っていたと思いますか?

と、その前に今回、なぜイチロー選手が今シーズン選手として出場できなくなってしまったのか解説します。

まず、キャンプ中の怪我で戦列を離れていた主力選手の1人であるギャメル外野手が思ったより早く復帰してきたことが大きな要因です。

ギャメル選手が復帰すれば、イチロー選手はあくまで”穴埋め要員”ですので、不要となってしまうのです。

では、代打でまだ起用する方法もあるのでは?と思いますが、今期、何度かスタメンで起用される機会があったのですが、ここまでの打率は.205と良い結果が伴っていません。

そうなると、代打としての起用も非常に厳しいという判断となってしまうのです。

メジャーの世界はとても厳しいのです。

例えイチロー選手のようなスター選手であっても、実力主義です。

どんなに過去の実績があっても”今”結果が出せなければ、たちまち不要な存在となってしまうのです。

そう、サラリーマンよりずっとずっと厳しい世界なんです。。

とはいえ、イチロー選手は44歳という年齢です。

年には勝てません。

年をとると当然、体力が落ちます。

とりわけ、野球界では動体視力が最重要視されます。

イチロー選手はこの目の衰えが近年の成績低迷の最大の要因と言われています。

目が衰えると、焦点が合う時間が遅れてきます。

大谷選手の160キロの超速球の場合、0.1秒で約4メートルボールが移動します。

目が衰えることで体の反応も遅れてしまいますので、このわずかな間の対応が非常に困難になってしまうのです。

よって、仮にイチロー選手と大谷選手が対戦していたとしても、断然、大谷選手の方が有利であったと言えるんです。

Sponsored Link

イチロー選手が特別補佐を受け入れた理由は?

イチロー選手はこれまでずっと、メジャー契約での現役にこだわってきました。

しかし、いくら過去の実績があるイチロー選手といえども、衰えのある選手を獲得したがる球団はありません。

そこでマリナーズは、球団のフロントでチームに帯同して若い選手にアドバイスする立場であってほしい、その上で、来季以降の現役復帰の可能性もあり得る。

この前例のないオファーを受け入れてほしいと懇願したようです。

これに対してイチロー選手も熱く感情が込み上げたようで、このオファーを快く受け入れたようです。

イチロー選手が特別補佐というメジャー史上初の役割を受け入れた理由はこのような経緯があったためなんです。

Sponsored Link

来季、イチロー選手は日本で引退試合?

来年2019年のマリナーズの開幕戦は日本で行われることが決まっています。

海外での遠征ということもあり、特例として選手登録枠が25人から28人に増枠されるようです。

この枠を活用してイチロー選手が出場するとも言われています。

要するに、来季の現役復帰の約束というのはこの日本での試合のみとされているようで、事実上、日本での試合が”引退試合”となる可能性が高いのです。

日本での引退試合開催ということになれば、間違いなく、チケットは即完売です。

そうなれば球団としては、興行的にも成功を収めることができるのです。

そんな目論見があるみたいですね。

日本人としては日本に居ながら本場メジャーの試合が観戦できる、更には生でイチロー選手のプレーが見られる、しかも引退試合!ということでありがたい反面、なんだか少し寂しい気もします。

いずれにせよ、日本の宝であるイチロー選手ですので、まだまだ現役で活躍してほしいと思っています。

自身でも50歳まで現役と公言していますので、来季、再来期もまだまだイチロー選手の現役の姿を見られることに期待したいと思います!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。