【芸能】元TOKIO山口さんの酒癖の悪さはジャニーズ事務所も警戒するほどだった?離婚の原因も酒口の悪さ?TOKIOブランド失墜で台頭するタレントも

Pocket

TOKIOの山口達也さん(46)が酒に酔って、女子高生に無理やりキスをした強制わいせつ罪で書類送検された事件で、所属するジャニーズ事務所から契約解除を言い渡されてしまいましたね。

このニュースには日本中の方が驚きと深い関心を持っていると思います。

今回は、ジャニーズ史上、類を見ないスキャンダルとなってしまった本件の真相に迫って見たいと思います。

Sponsored Link

山口さんは以前から酒癖の悪さで有名だった?

山口さんは以前から酒癖の悪さで有名のようです。

関係者によると、山口さんは嵐の二宮和也さんに吐くまでテキーラを飲ませたり、一般人に絡んだりするような酒癖の悪さがあったそうです。

更にタチが悪いのは翌日になると酔って悪態をついたことを覚えていないことがあるようで、「えっ、おれそんなことしたの?」と記憶がないこともあるようです。

2018年5月2日に開かれたTOKIO4人による会見では「お酒の匂いがするとか、二日酔いでロケが円滑に進まないことがあった」と酒癖の悪さが普段の仕事にも影響が出ていたことを暴露されていました。

メンバーから見ても酒癖の悪さは以前から問題視されていたようですね。

Sponsored Link

酒癖の悪さはジャニーズ事務所も警戒していた

酒癖の悪さはジャニーズ事務所も警戒していたようです。

山口さんのマネージャーは、テレビ局に対して「山口にはお酒を飲ませないでください」と念押しをすることもあり、地方ロケに行く際はマネージャーが常に同行して山口さんの見張りをして警戒を怠ることは無かったようですね。

ところで、山口さんといえば、朝の番組「ZIP!」(日本テレビ系)の顔として知られていますが、この酒癖の悪さは朝の番組に影響がでることは無かったのでしょうか?

2016年に顔に眼帯とバンドエイドをつけて出演したことがありましたよね。

本人は「自転車で転んだ」と釈明していましたが、これも酒の勢いで酔っ払ったことが原因ではと疑われています。

山口さんはお酒を飲めば飲むほど悪酔いは増すようです。

一次会→二次会→三次会とお酒の量が増すにつれ、山口さんのお気に入りの女性が現れると口説いたりして、女性出演者が衣装部屋として借りているマンションの一室に連れ込もうとすることがあるようです。

こんなことから、スタッフの間では「衣装部屋に気をつけろ」と女性出演者には言い聞かせていたんです。

また、海外ロケの際には女性スタッフが同行することはなく、全員が男性スタッフで構成されていたようです。

でも、こんなに周囲から警戒されているにも関わらず、本人は気づくことはなかったのでしょうか?

Sponsored Link

離婚の理由も酒癖の悪さ?

山口さんは2008年3月に元モデルの女性と結婚しましたね。そして、一児の父ともなりましたが、その後も女遊びは止まることはなかった。

そんな妻子がある立場にも関わらず、スキューバダイビングのライセンスを取得するために滞在していた石垣島でキャバクラに通う山口さんの姿が報じられたこともあります。

そして、その場でも気に入った女性と連絡先を交換しメールを続けていたこともあるようです。

山口さんは2016年8月に離婚をしてしまいましたが、その原因について自身は次のように説明しています。

「趣味のサーフィンであったり、お酒の飲み方であったり」とお酒の飲み方が原因であったことを認めています。

それにしても、これまで築き上げた「山口達也」というブランド力をお酒のせいで一瞬にして失ってしまったんですから、お酒の力は本当に恐ろしいです。

でも悪いのはお酒ではないですからね。

Sponsored Link

最も損失を受けたのは日本テレビ

今回の不祥事により、山口さんが出演していたテレビやラジオ番組は軒並み出演者の変更や休止を強いられています。

山口さんの出演するレギュラー番組はテレビとラジオが6本、CMが4本あります。

その中でも一番出演が多かったのが日本テレビです。

山口さんが月曜と木曜の朝の生レギュラーを務める「ZIP!」は情報番組ということもあり即日降板となりました。

また、「幸せ!ボンビーガール」は休養、「ザ!鉄腕!DASH!!」は残った4人で継続していくことになってしまいました。

そして、既に収録が終わっていてオンエア予定だった特番はお蔵入りが決定と、その損失額総額は3億円以上とも言われています。

TOKIOブランドの失墜で、台頭するタレントは?

山口さんの失態はTOKIOとしてのブランドも失墜させることになってしまいました。

TOKIOのCMのギャラは業界でもトップクラスの3〜5千万円といわれています。

その理由は老若男女幅広い世代で愛されている、ということだったのですが、それも今回の件で一気にブランド力を失ってしまい、その価値も急落しているといいます。

このように一気にTOKIOブランドが失墜する中で、虎視眈々とその座を狙っているタレントもいるようです。

NHKの「Rの法則」は今回の件で、番組を打ち切りを強いられる見方が強いのですが、その後の番組は、これまで不定期での放送だった「香川照之の昆虫はすごいぜ!」が有力と言われています。

また、「幸せ!ボンビーガル」(日本テレビ)のMCには現在、レギュラー出演している劇団ひとりが昇格するといわれています。

そして、「ZIP!」(日本テレビ)の山口枠にはEXILEのTAKAHIROや吉本興業の千鳥の名前が既にリストアップされているとの噂もあります。

このように既にポスト山口の座を狙う動きも活発で、もう山口さんが戻る場というは無くなってきているのが現状のようです。

将来的にはTOKIOとして、、、と懇願していた山口さんですが、TOKIOばかりか芸能界での居場所でさえ厳しい状況になってきています。

今回の件は本当に代償が大きすぎたといえますね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。