【フィギュア】羽生結弦の凱旋パレードが大盛況でアイスショーのギャラが高騰?北京オリンピック出場の噂と朗報も

Pocket

2018年4月22日、平昌オリンピックのフィギュアスケートで金メダル2連覇を果たした羽生結弦選手(23)が地元の仙台市で凱旋パレードを行いました!

市街地の路上で開かれたパレードは大盛況で県内外から約11万人が訪れました。

すごいですよね〜、一人の人間のために11万人が全国から集まるのですから。

更にすごいのはパレード後の路上にはゴミがほとんど落ちていなかったようで、”ユズリスト”達のマナーの良さも話題になりましたね。

パレードも終わったことで、羽生選手もようやく多忙の毎日から少しは解放されるのではないでしょうか?

しかし、しかし、羽生選手を取り巻く話は尽きることがありません。

そこで今日は羽生選手を取り巻く、気になる今後の話題について紹介してみたいと思います!

Sponsored Link

羽生選手のCMやアイスショーのギャラが大暴騰?

羽生選手の話題は凱旋パレード終了後も尽きません!

羽生選手の価値は上り続きです!

CMのギャラについては以前は5000万円ほどだったのが、今や倍の1億円まで上昇しているようですし、

アイスショーへの参加ギャラは通常高くても100万円ほどが相場のようですが、羽生選手の場合はなんと、2000万円まで高騰しているのです!

高いと言われている100万円の20倍です!

しかもこの価格は1回分の価格のようですので、例えば、同じショーを年回5回開催すれば、1億円です!

23歳にして、羨ましいというか、もう凄いとしか言いようがないですよね。。

CM一本と年間のアイスショーへの参加だけで約2億円の稼ぎ、一般サラリーマンの生涯の稼ぎを1年とちょっとでもぎ取ってしまうことになります。^^;

全く異次元の人間としか思えないですが、私も世のサラリーマンの一人として奮い立たせられます。

Sponsored Link

羽生選手の北京オリンピック出場は?

羽生選手は2022年に開催される北京オリンピックへの出場を明確にしていません。

史上二人目となるオリンピック3連覇を目指して是非とも頑張ってもらいたいものですが、色々事情があるみたいですね。

羽生選手自身は年齢が一番の問題と考えているみたいですね。

最近のフィギュア界は選手の若年化が進んでいるのです。

更には近年のフィギュアは4回転ジャンプがトレンドで、選手の肉体にかかる負担は大きなものがあるようです。

北京オリンピックの年には羽生選手は27歳になります。

フィギュア界では27歳はもう全盛期を過ぎてしまっています。

これは羽生選手も理解していて、北京オリンピックを迎える2022年前までにはプロのショースケーターに転身したいと考えているみたいですね。

Sponsored Link

羽生選手の一存では将来は決められない?

ここまで価値が高騰した羽生選手です。

ここまでくると、羽生選手は自身の将来ですら自分の一存だけでは決められないようです。

日本スケート連盟は羽生選手の活躍により、多くのスポンサーを獲得しています。

そうなると、協会としてはそう簡単に選手を引退してもらっては困るのです。

年齢の問題はあるものの、せめて北京オリンピックまでは選手を続行してほしいという思いが強くあるみたいです。

過去、浅田真央さんが同じ境遇で引退を曖昧にしたことがありましたが、羽生選手もやはり協会からのプレッシャーがあるのだと思います。

全然比較できるものではないですが、われわれサラリーマンにとってはそこまで会社から必要とされるとことにやり甲斐や将来性を感じるものですが、羽生選手にとってはプレッシャーにしかならないのかもしれません。

若くして本当にもの凄い経験をしているのだと改めて思います。

Sponsored Link

羽生選手にとって朗報もある?ISUが羽生選手に忖度?

北京オリンピックに向けては数々のプレッシャーがあるみたいですが、羽生選手にとって朗報もあるようです。

2018年6月に国際スケート連盟(ISU)がルールを改正するというのです。

従来のルールでは、どれだけ難易度の高いジャンプを跳ぶかということで採点の優劣が判定されていましたが、新しいルールでは芸術性を評価するような採点方法に変更されるみたいです。

要するに難易度の高い4回転の評価の優先度を引き下げ、出来栄えや全体の流れをより高く評価することになるので、体に大きな負担がかかる4回転を酷使する必要がなくなるのです。

年齢が高い選手には有利に働くルール改正といえます。

これによって、羽生選手の北京オリンピックへの出場のハードルが少しは低くなったのかもしれません。

羽生選手は世界的にも人気の選手です。

羽生選手が現役選手を続行して北京オリンピックへの出場してくれれば、ISU自体にもスポンサーがつきますので、ISUにとっても都合が良いのです。

これはISUの”忖度”なのでしょうか?

一般人の見解

羽生選手にまつわる話題は未だ尽きることがありません。

若くして名誉も大金も手にした羽生選手ですが、我々のような一般人には理解しきれない悩みを多く抱えているのかもしれません。

いずれにせよ、これからも世界の舞台で活躍してもらいたいことには変わりありません!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。