【芸能】関ジャニ∞、渋谷すばるの脱退の理由は事務所との確執が理由?ジャニーズ事務所は渋谷くんに怒り心頭?ジュリー副社長の求心力低下も原因?

Pocket

2018年4月15日、関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が突然のグループ脱退を発表しました。

急なことだったので驚いた方が多かったのでないでしょうか!?

しかも、ジャニーズ事務所自体も2018年12月31日をもって退所すると発表したのです。

急すぎて何が何だかわかんな〜いと戸惑う方も多いはず。

今回は渋谷くんのグループ脱退と事務所退所の真相に迫ってみたいと思います。

Sponsored Link

脱退の真相はジャニーズ事務所との確執?

4月15日に行われた記者会見には記者およそ200人が集められ、その雰囲気は暗い雰囲気というよりは、メンバーの絆を感じさせる、脱退記者会見とは思えないくらいの内容でした。

この会見を見て、渋谷くんが夢を追いかけるために円満的に事務所を対処したものと、どちらかというと、ポジティブな印象を持った方も少なくないでしょう。

では、実際のところはどうだったのでしょうか?

ジャニーズ事務所の関係者によると、渋谷くんとジャニーズ事務所との間には以前から確執があったようです。

4月15日開かれた記者会見時に配られたリリース文書には、「2018年2月15日に突然、渋谷から脱退の申し出があった」と書いてあったようです。

しかし、渋谷くんはそんな相手に礼儀を欠くような行動をするような人でないといいます。

事務所との確執が生じ始めたのは2016年に遡ります。

それは渋谷くんがソロでのツアー「渋谷すばるLIVE TOUR 2016歌」を成功させた頃のようです。

それ以降、アルバム制作やツアーの構成などのタイミングで脱退や活動休止といった話が内部で出るようになったようです。

しかし、渋谷くんは関ジャニ∞というグループ自体に愛着を持っていて、エイターと呼ばれる自身のファンもとても大切にしていました。

ですので、与えられた仕事はバラエティでさえ積極的に取り組んでいました。

恐らくですが、ソロでの活動がきっかけで渋谷くんの将来観や生き方に変化が生じたものと思います。

Sponsored Link

脱退を申し出たのは昨年の秋から?

渋谷くんがグループ脱退を申し出たのは実は、昨年(2017年)の秋だといいます。

非公式ではありますが、事務所側へはこっそりと伝えていたようです。

しかしこの時は事務所側も渋谷くんの想いを引き止められると考えていたようで、あまり真剣に話し合うこともなかったようです。

その後もしばらくの間、うやむやな状態が続いたようですね。

そうこうしているうちに、ツアーが決定したり、ベストが発売されたりと多忙な日々が続き、ろくに渋谷くんと会話することもなく、確執は次第に大きな溝に変わっていったみたいです。

この話が事実であれば、ジャニーズ事務所側のタレントの管理力を疑ってしまいますよね。

事務所を代表するタレントでさえ、ろくにコミュニケーションもとれず、末期症状まで放置してしまったのですから。

他のメンバーや他のグループにも同様の問題が起きていないのか心配になってしまいますね。。

Sponsored Link

関ジャニ∞メンバーでさえ引き止めはできなかった

いよいよ事務所側では渋谷くんを引き止めることができなくなると、次は関ジャニ∞メンバーに引き止めを依頼します。

ところが、渋谷くんと事務所との間の確執を間近で見てきたメンバーは、渋谷くんを強く引き止めることができなかったようです。

それでも渋谷くんと最も仲が良いと言われているメンバーの横山裕(36)中心に引き止めを続けたようですが、渋谷くんの決心は強く、引き止めは失敗してしまいました。

もうメンバーでさえ止めることができないほど、事務所との溝は深刻でした。

事務所がもう少し早く手を打っていればと、やはり事務所側の対応に問題があったのではないかと疑ってしまいます。

会見の内容を見ると、渋谷くんが夢を追いかけるために一人わがままな主張を続けていると思った人もいると思いますので、渋谷くんが少しかわいそうな印象もあります。

Sponsored Link

ジャニーズ事務所側は渋谷の対応に怒り心頭!?

ジャニーズ事務所と渋谷くんの契約書は2018年いっぱい続きますが、2017年7月から始まるドームツアーには渋谷くんは参加しません。

実は渋谷くん自身は当初、メンバーやファンのことも考え、ドームツアー自体には参加する意向を示していたようです。

しかし、それを許さなかったのはジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長(51)なのです。

ジュリー社長は渋谷くんのわがままを許さないという思いを持っているようです。

関ジャニ∞のツアーともなれば会場でのグッズはめちゃくちゃ売れますので、そのロイヤリティを渋谷くんには1円たりとも渡さない決意があるといいます。

そして、何よりも渋谷くんがドームツアーに参加することで、渋谷くんの脱退セレモニー的な場となってしまうことが許せなかったみたいです。

それだけ、ジュリー社長は渋谷くんに対して怒り心頭のようです。

ジュリー副社長体制に移行後は求心力が低下?

ジャニーズ事務所の実権は、ジャニー喜多川社長とメリー副社長から長女であるジュリー副社長へ移行しつつあると言われています。

関ジャニ∞はジュリー副社長の秘蔵っ子と言われるくらい、ジュリー副社長にとっては思い入れが強いグループとされていますが、そんなジュリー副社長でさえ、渋谷くんの脱退を防ぐことはできなかったのです。

これはジュリー副社長自身の社内での求心力が低下しているためと言われています。

事実、渋谷くんのグループ脱退が週刊誌にスッパ抜かれた時に、ジュリー副社長が関ジャニ∞のメンバーを呼びつけたようですが、一部のメンバーはそれに応じなかったようです。

前にも書きましたが、今後心配なのは他のメンバーや他のグループにも同様の問題が波及することがないのか?既にその予備軍がいるのではないかと疑ってしまうことです。

ジャニーズといえば、今や日本を代表するアイドルグループを擁する会社です。

社内幹部に利己主義的な考えを持った人がいたとすればとても残念なことですし、何よりも応援してくれるファンのために、会社がアイドル達の働きやすい環境を作って行くことを最優先に考えてほしいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。