【芸能】芦田愛菜の秀才っぷりがすごい!池上彰もびっくり!その勉強法とは?

Pocket

今日の話題は子役としてデビュー、その後、進学塾のTV CMなどにも出演、名門女子中学への入学を果たした芦田愛菜ちゃん!

TBS系で4月16日に放送された「池上彰と女子会」で芦田愛菜の凄さの片鱗が見られ、話題になっています。

Sponsored Link

芦田愛菜ちゃんとは?

2004年6月生まれ 兵庫県西宮市生まれの13歳。

2008年の3歳で芸能界入り、子役デビュー、2010年 日テレ系TVドラマ「Mother 主演:松雪泰子」で母親から虐待を受ける少女役を熱演、これが出世のきっかけとなりました。

Sponsored Link

「マルモのおきて」

2011年今度はフジテレビ系TVドラマ「マルモのおきて」で、阿部サダヲとのダブル主演!芦田愛菜ちゃんにとっては連ドラ初主演となりました。もちろん、連ドラ主演としての最年少記録を更新!視聴率こそ、スタートは低調で10%そこそこも、後半は25%に迫り、ブームとなったドラマです。敢えてあらすじは書かないので、今からでも是非見ていただきたい作品です。「マルマルモリモリ」の歌が頭から離れなくなるかもしれませんよ。。

Sponsored Link

その他も人気作続き

日テレ系TVドラマ「明日、ママがいない」では養護施設における子供の目線から様々な感情を豊かに表現、野島伸司脚本のフジテレビ系TVドラマ「OUR HOUSE」などでも再び主演、アカデミー賞新人俳優賞に始まり、出演した映画においてはブルーリボン賞まで受賞しています。子役デビュー組はその多くが成人に近づくにつれてスクリーンから姿を消していく印象が強い中、芦田愛菜ちゃんだけはその存在感を強め続けています。

Sponsored Link

慶応中等部へ

2017年 難関の慶應義塾中等部へ入学。この時も、複数の名門私立に合格も、芸能活動に理解があるとのことで慶応中等部を選択したそうです。

大手学習塾の偏差値ランキングでも最高峰の偏差値69。全国の女子中学校の中でも1、2位を争う超難関校です。しかも、受験勉強を始めたのは受験から1年前くらいだそうで、塾に通い始めたのも6年生の夏休みからだそうです。それでも塾でも成績は抜きん出ていたそうです。何故これほど短期間に??と思いませんか?お子さんのいる親御さんならとても関心があるはず。ではその勉強法は?

芦田愛菜のすごさ

池上彰が番組で「美しいと同じ意味を持つ言葉をできるだけたくさん」とのお題を出します。

制限時間は1分でした。

芦田愛菜「麗しい、佳麗、秀麗、端整、美人、美形」

これに対して、

藤田ニコル「びじん、けしき、ばえる、ひとみ、ふっきん、つやかん」

瑛茉ジャスミン「インスタ映え、まじでやばい、おかみさん、キラキラ」

きれいなものを挙げるなど、超笑えます!そして、極め付けは、

大久保佳代子「きれい、エロい、紀香っぽい(司会に陣内智則が出演)」

この機転の利かせ方はさすが!ではありますが、、芦田愛菜ちゃんの横にいて欲しくないですね(笑)

芦田愛菜の勉強法は?

一ヶ月に10〜15冊は本を読むそうです。「宮部みゆき」の小説が大好きだそうです。「あかんべえ」とか「ぼんくら」「ステップファザーステップ」など、人気作多数です!読んでみれば、芦田愛菜ちゃんがハマる理由がわかるかも。。でも、何故これほど活字に触れることが好きになったのか?

答えは意外と簡単でした。

「両親が読書好き」だそうで、父親は歴史小説好き、母親も読書好きだそうです。つまり、両親の読書量と子供の読書量は比例すると。これは厚生労働省も発表しているそうです。

<子供の読書割合> ※厚生労働省調べ

親の読書量 1冊 10冊以上
子供の読書量 14.5% 41.8%

まとめ

将棋界を賑わす藤井聡太くん6段も子供の頃から新聞をよく読んでいたそうです。だから大人びた記者会見ができるのですね。芦田愛菜ちゃんは「朝日中学生新聞」を愛読していたと。親を見て子は育つって言葉を改めて感じますよね。親子揃って読書に更けるのもいいかも知れませんね。

中学生新聞は読解力や表現力が上がるとも言われており、受験に強い!とも言いますね。まずは親が読書で手本を示し、そして、子供にあったレベルで活字に触れてもらう!ってことでしょうか。

<中学生新聞の例>

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。