【続報】【セクハラ】財務省、福田事務次官の「おっぱい触らせて」セクハラを全面否定!名誉毀損で提訴も?発言全文を公開!事務次官はどのような立場?分かりやすく解説。今後はどうなる?被害者はテレ朝社員?一般人の見解も

Pocket

財務省の現役事務次官である福田淳一氏(58)が女性の記者に対して「おっぱい触らせて」などのセクハラ発言を行った件で続報です!

2018年4月16日に財務省内の聴取に対して福田事務官はセクハラ発言を全面否定したのです。

しかも、これを最初に報じた週刊誌に対して名誉毀損で提訴することも準備していると全面的に争う姿勢を見せているのです!

この問題、今後、どのような進展を見せるのでしょうか??

目が離せないですよね。

でもこれが事実なら、

現役の事務次官が「おっぱい触らせて」?こんなこと前代未聞ですよね。。

一発アウトで即退場レベルですが、真相はどうなんでしょう?

実際に福田氏が発言したとされる内容全文の公開と合わせて、真相に迫ってみたいと思います!

Sponsored Link

福田淳一事務次官のプロフィール

早速ですが、福田氏のプロフィールを紹介したいと思います。

名前 福田 淳一(フクダ ジュンイチ)
生年月日 1959年生まれ
年齢 58歳 ※2018年現在
出身 神奈川県 ※生誕は岡山県
出身高校 神奈川県立湘南高等学校(偏差値:73!)
出身大学 東京大学法学部
入省 1982年 ※当時の大蔵省に入省
ニックネーム ゴリラーマン

プロフィールだけを見ると、文句なしの超エリートです!

ちなみに、出身高校の神奈川県立湘南高等学校は石原慎太郎元都知事と同じ出身校です。

順調に出世街道を歩んできた福田氏ですので、こんな発言がきっかけで信用を失墜してしまうのは本当にもったいない限りです。

余談ですが、福田氏は現在、森友学園問題の決裁文書問題で追及されている、迫田英典氏や佐川宣寿氏と同期入省です。

この年代の財務官僚は何かと問題を抱えてしまっていますね。。。

Sponsored Link

事務次官はどのような立場?分かりやすく解説

福田氏は「事務次官」という役職についていますが、どのような立場なのでしょうか?

分かりやすく解説してみたいと思います。

簡単にいうと、官僚の中ではトップに位置するとても権威のある立場なのです。

大臣や副大臣は政治家が務めることなっていますので、政権が変わるたびにその都度、入れ替わりが発生しますが、

事務次官をトップとする官僚は、東京大学などを卒業した超エリートの国家公務員が務めていますので、政権が変わろうが上司である大臣や副大臣が変わってもその役職は変わることはありません。(もちろん、官僚内でも人事異動はありあすが)

要するに日本という国を実質仕切っている立場のトップという位置付けになるのです。

ましてや財務省というのは他の省庁と比べても権限もある省と言われていて、とても厳格で公平でなければならない立場なはずです。

そんな立場の人間が公の場で「おっぱい触らせて」というセクハラ発言をするのですから、国民の一人としてもとても恥ずかしい限りです。

Sponsored Link

福田淳一事務次官の発言内容の全文を公開

それでは福田氏は女性記者に対してどのようなセクハラ発言を行ったのでしょうか。

実は福田氏は以前からセクハラまがいの発言が数々問題となっていたようです。

取材に来る女性記者の間では「被害者の会ができるんじゃないですか」といわれているほどのようです。

とある、新聞記者に対しては「彼氏はいるのか」と聞かれ、いると答えると、どれくらいセックスをしているのかと政治とは全く関係のない質問をされることもあるようです。

別のテレビ局の記者は、深夜に電話があり、過去の交際男性のことを聞かれることもあったようです。

驚いたのは、とある記者は、「キスしていい?」「ホテルへ行こう」といわれた事もあるようです。

今回問題となった「おっぱい触らせて」と福田氏から言われた記者は、そのセクハラ発言内容を録音をとっていたようですので、そのセクハラ部分の全文を公開したいと思います。

   記者: 財務省と森友学園、どうなんですかね。

福田氏: 今日ね、今日ね・・・抱きしめていい?

記者: ダメですよ。

福田氏: いいじゃん。

記者: 福田さんは引責辞任はないですよね?

福田氏: もちろんやめないよ。だから浮気しようね。

記者 今回の森友案件で、一番大変だったことってなんですか?

福田氏: いろいろ大変だったけど、これからがうんこだから。胸触っていい?

記者: ダメですよ。

福田氏: 手しばっていい?

記者: そういうことホントやめてください。

福田氏: キスしたいんですけど。すごく好きになっちゃったんだけど・・・おっぱい触らせて。綺麗だ、綺麗だ、綺麗だ。

先日、福田氏はこの発言の真意について週刊誌に以下のように答えています。

「何を失礼なことを言っているんだ。誰がそんなことを言っているんだよ!」

また、録音データなどの証拠が出てきたらどうするのか?という問いかけに対しては、

「ないものは責任取りようがないだろう。ないんだから。ないんだって、ないんだって言ってるだろう!いい加減にしろよ!」

と現在のところはセクハラ発言に対しては全面否定をしています。

今回の件はセクハラ発言を受けた記者が録音テープを持っているとされていますので、

それが出てきたら逃れようのない事態に追い込まれてしまうのは確実です。

超エリートの官僚でもそこまでは予測することはできなかったのでしょうか。

Sponsored Link

【最新情報】被害者はテレ朝社員

テレビ朝日は4月18日の「報道ステーション」内で、福田氏からセクハラ発言を受けた女性がテレビ朝日の社員であることを明かしました。

セクハラを受けた際の録音も持っており、近々公開されるとの見方もあります。

福田淳一事務次官の今後は?一般人の見解も

今回のセクハラ発言問題に対して麻生財務大臣は次のように語っています。

「セクハラ発言疑惑が事実かどうか分からないが、事実ならアウトだ」と語った上で、

「今の段階では処分を考えていない」と発言しています。

事実ならアウトと語った上で、今の段階での処分はないというのはなんとも曖昧な発言ですが、

まずは事実関係の確認が急務だと思います。

仮にこれが事実であれば、言語道断で一発アウト、即更迭に追い込むべきだと思います。

最近の財務省は何かと問題を抱えていますよね。

これに伴い内閣支持率もどんどん低下してきています。

安倍政権もこれで終焉かと言われていますが、今回のセクハラ発言問題がトドメとなる可能性だってあります。

とにかく、早めの事実確認と必要な処分を即座に行うことが求められていると思います。

他にも考えるべき問題は山積みのはずです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。