【スポーツ】女性騎手と言えばJRA藤田菜七子だけじゃない!名古屋競馬の美人騎手「木之前葵」&「宮下瞳」って知ってる?

Pocket

<こうやってみると藤田は確かに美しいが・・>

昨今、競走馬業界で美人騎手と言えば、「藤田菜七子」一色ですよね!

しかし、名古屋競馬に所属する藤田に負けず劣らずの美人騎手がいるのをご存知でしょうか?

その名は若手代表の木之前葵(きのまえあおい)、そして男性騎手顔負けの騎乗を見せているベテラン騎手の宮下瞳(みやしたひとみ)。今日は、世代は違えど、それぞれの世代に支持されている二人の美人騎手を紹介します。セクシーな画像とかありませんので、その辺は期待しないでお読みくだされば幸いです!

Sponsored Link

木之前葵とは

1993年7月10日 24歳 身長149cm

地方競馬 名古屋競馬場所属。宮崎県出身のO型。

免許取得は2013年、通算142勝。

男性なら誰でも抱き寄せたくなってしまうような小柄な女性です。しかし、騎乗してみると、きゃしゃな雰囲気は一変、迫力ある騎乗をします!実は、競馬関係者やファンの間では実は藤田菜々子よりも技術的には上ではないかとも言われています。地方競馬はレース数が多いといいます。しかし、デビューからたった3年で167勝もの勝利を挙げています。藤田菜七子が年間12勝を超えた時点で、JRA女性騎手としての新記録を樹立!と騒がれました。しかし、木之前の場合は、年間50勝以上はしている計算です。地方競馬は中央競馬とは違い、賞金も決して高くはありません。中央競馬で活躍できなかった競走馬が地方競馬で活躍するシーンも良くあるといいますから、サラブレッドの質自体が地方はそもそも劣るのかも知れません。しかし、そんな環境下でも年間平均50勝って凄いと思いませんか?

<こんな惹かれる雰囲気も・・>

Sponsored Link

タレント性は段違いだけど

藤田菜七子はホリプロとマネジメント契約を締結。騎手であると共にそのアイドル性からもはや完全に芸能人と言っても過言ではありません。人気ゲーム「ダービースタリオンマスターズ」のテレビCMに出演したり、ゲームでもコラボ企画に登場するなど、タレント性は圧倒的に木之前よりも上です。。木之前もダビスタの宣伝企画イベントには出演していましたが、それが特にニュースになることもなく。こんなちやほやされないところで必死に頑張っているからこそ、応援したくなりませんか?

<藤田と木之前の2ショット 本人ブログより>

Sponsored Link

ベテランの宮下瞳

1977年5月31日 なんと、今年41歳を迎えるベテランです。

木之前と同じく地方競馬 名古屋競馬場所属。身長152cm。

鹿児島県出身のA型です。

ベテラン騎手って意味でも凄いのですが、実は彼女の美しさも特筆すべきものがあります。宮下瞳は1995年に騎手免許を取得、重賞3勝を含む722勝で現役女性騎手では最多勝利を更新中です。2011年8月に一度引退、2016年に現役復帰。二人の子供を授かった後、現役復帰する頑張り屋さんです。

ご主人は同じく名古屋競馬場所属の小山信行騎手、2006年には元夫の小山信行と同着で勝利するという二人の縁を暗示しているエピソードもあります。騎手としてはご主人の勝ち星も超え、さらに、同じく騎手である兄(兄も妹同様に11年間のブランクを経て現役復帰しています)に勝ち星をも超えています。

Sponsored Link

まとめ

藤田菜七子だけではなく、木之前葵の活躍を皆さん追ってみてください。地方競馬の騎手は地上波で会える機会がとても少ないので、応援を意識していかないとなかなかお目にかかれません。そして、出産を経て現役復帰を果たし、今も活躍を続ける木下瞳。これからの時代、働くお母さんはどんどん増えてきますよね。国の配偶者扶養控除なる制度も見直されていますし。男性中心の競走馬社会いおいて逞しく活躍する二人を温かく見守りたいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。