【平昌五輪】カーリング女子 銅メダルを狙え!カーリングをもっと楽しく見る方法!

Pocket

Sponsored Link

ニンジン作戦も発動!

熱戦の末、韓国に惜敗した女子カーリング LS北見。日本オリンピック委員会(JOC)規定では、銅メダルは100万円の報酬(団体は1人につき)。日本カーリング協会の登録数は3,000人に満たないと言われ、財政は決して楽ではないとのことですが、この度、カーリング女子日本代表のオフィシャルスポンサーを務める全農が、メダル獲得で米100俵の贈呈を発表しました。

これで1俵60キロです。100俵ってどんだけ??

Sponsored Link

一人当たり17年分のお米

米1俵は約60キロ、100俵なので約6、000キロ。メンバーはリザーブの本橋含めて5人、それにコーチを入れると計7人。一人当たり約850キロ。日本人のお米の消費量は以外と低くて、世界50位くらい。年間消費は60キロ以下と言われます。ここ数年は特に炭水化物ダイエットなども流行っていますからさらに減っている模様。。つまり、今回の褒賞米を一人年間50キロ消費するとしても、ざっと17年分のお米を頂けることになります。これはでかいけど、保管とかどうするのでしょうか?

Sponsored Link

カーリングをもっと楽しむ!

さて、本題です。連日テレビで報じられているカーリング、男子は残念ながら予選敗退も、女子が銅メダルをかけて今夜イギリスと対決!日に日にカーリングを好きになっている人も多くなっているのではないでしょうか。であれば、カーリングのルーツをもう少し知ってから試合を見たらもっと楽しくなりませんかね?今日はそれをちょっと教えてしまおうと思います。できれば試合の前に見て頂けるとありがたいです。

Sponsored Link

リンクとルール

ハウスの直径は3.66m、このセンターにより近いところにストーンを置いた方が得点を獲得できるわけですが、ハウスまでの距離は28m。実はとても遠いんです。よって、ハウスの傍からスキップという司令塔が色々と指示を出し、後述するスイーパーが曲がり方や滑り方を調整するんですね。1試合10エンド、1エンドにお互いに8回つづ、1試合で2.5〜3時間はかかるというのですから、求められる体力も尋常ではありませんね。

ストーンについて

そして、公式戦で使用されるストーンは、発祥の地である、スコットランド「アルサグレイグ島」で採掘されたものと決まっています。こんなレアな石を使っているって知っていましたか?しかも、環境保護によりこの石の採掘は20年に一度と決められているんです。石は何年たっても成長したり増えたりするものではありませんから、限られた資源を少しづつ使っているということですね。このせいで、ストーンは1個10万円もします。16個セットで販売されるので、最低でも160万円は必要ということす。ボーリングのように、マイボールを持つっていうのはちょっと難しいですね。一つ20キロもあるので簡単に持ち運びもできないですし。

シューズについて

両方のシューズでそれぞれ構造が違うって知っていますか?

どちらの足が利き足かによっても違いますが、例えば右が利き足の場合は、左足の方にラバーがついていて、ラバーを外すとテフロン加工された靴底が登場、これが滑る原理になっています。つまり、片方が滑りやすく、もう一方は滑りにくいという特殊な組み合わせ。実は、普通の人は歩くことすら困難なんだそうです。選手がまっすぐにストーンを滑りだしているのって、簡単そうって思った人いませんか?実際にやってみるとまずできないそうです。

アイスマンの存在

別に映画のタイトルではありません。アイスマンとは、平らな氷を作って選手がストレスなくプレーするように仕上げていく仕事をしている、絶対に欠かせない存在です。カーリングでは、「シート」と言っていますが、センターから再度までのレベル差は0.2〜0.3ミリといった、新聞紙1、2枚の薄さを管理しています。特殊な機械を使って、水玉を吹き付ける作業を行います。この水玉を「ペブル」といいますが、ペブルがないととても滑りやすい氷になってしまうんですね。これに加えて、ゴミやチリ、髪の毛一本まで管理します。この総合的なコンディション見方にした選手が正確なショットを放てるわけですね。ちなみに、平昌にも日本人のアイスマンが派遣されているそうです。こんなところにも日本人の支えがあるのえすね。

スイーパー

リンクを擦っているスイーパー。スイープってなんでやっているか今更ですが知っていますか?スイープ(擦る)ことで、ストーンが曲がり始めるタイミングを調整しているんですね。さらに、リンクをブラシで擦ることで、先に記載したペブルがわずかに溶け、ストーンの滑る距離が伸びるんです。予選最終戦のスウェーデン戦の最終ショット、日本は藤沢選手のスイープによって相手のストーンをセンターから遠ざけ、5センチの差で勝利したとも言われてます。

まとめ

こういうことを知った上で試合を見ると一層楽しくなりませんか?知った上で試合を見ると間違いなく楽しさ倍増と思います。それでは今夜みんなで頑張ってカーリング女子を応援しましょう!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。