【野球】大谷翔平のメジャー挑戦、2刀流は厳しい?ヤンキースからの報復も覚悟が必要?

Pocket

日本ハム、大谷翔平選手(23)の大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決まりましたね。

今からもうシーズン開幕が待ち遠しいです!その契約金は2億6千万円と大谷の実力からみると破格の移籍としても注目されました。

本人はメジャーでも2刀流を目指す意向のようですが、その実力は通用するのでしょうか?注目してみたいと思います。

大谷の打者レベルはメジャーでは普通?

元プロ野球選手で野球解説者の張本勲さんが情報テレビ番組の「サンデーモーニング」(TBS系)で「メジャーではあれくらいのレベルの打者はたくさんいる」と発言しているように、打者だけの大谷でみるとメジャーでは決して突出したレベルとは言えないでしょう。

以前より張本さんは大谷のことを「投手1本でいけば20勝はできるのにもったいない」と発言するほど、「投手」としての大谷を高く評価しているのです。

もともと、大谷の2刀流自体をいいように思っていないのです。張本さんとしてはメジャーでは投手1本に専念すべきというのが考えのようです。

日本人で初めての打者・投手の2刀流選手としての活躍をみてみたいというのが、多く方が思っているかと思いますが、メジャーはそんなに甘くありません。

張本さんの助言通り投手1本に専念すべきと言うが私も思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

エンゼルスを選択した理由は?

エンゼルスはカリフォルニア州のアナハイムを本拠地とし、指名打者(DH)制度のあるア・リーグの西地区に属しています。

2017年シーズンは2位という位置でシーズンを終えるも首位のアストロズに最大21ゲーム差をつけられるほど、チームの力の差は歴然としていました。(アストロズはワールドシリーズを制しましたね。)

大谷のエンゼルスへの入団は速報としても報じられました。ではなぜエンゼルスだったのでしょうか?その理由は次の3点だったとされています。

①西海岸のチーム、②ビッグチーム(強豪)ではないチーム、③日本人選手がいないチーム

エンゼルスはこの3点に当てはまるのです。

大谷が考えるメジャーでの成功シナリオもあるとされています。

まずは強豪でない中堅のチームに入団し、メジャーで必要な体力やメンタル面での基礎を築き上げます。次第に実績も上げていきつつ、数年後にはビッグチーム(強豪)へ移籍し、その後、大きな実績を残して引退。

最初から決して欲張ろうとしない、大谷らしい謙虚で冷静な「攻略法」が見てとれます。

余談ですが、エンゼルスの監督はマイク・ソーシアというメジャーの中でも名将とされています。

現役引退後の2000年よりエンゼルス監督に就任し今年で19年目のキャリアですが、エンゼルス一筋にチームを率いてきたことがわかります。2002年にはワールドシリーズを制した経験を持ち実績もキャリアも十分と言えます。

強豪ニューヨーク・ヤンキースからの報復に覚悟が必要?

大谷がメジャー挑戦を表明した後、メジャーの名だたるチームが大谷の獲得戦に名乗りを上げました。メジャー屈指の強豪で伝統のあるあのニューヨーク・ヤンキースもそのチームの一つでした。

チーム関係者や地元のファンは大谷の獲得に向けて奮起し、ヤンキーズ入りも間近か?とされるほど、ヤンキース大谷の誕生が現実味を帯びてきました。

しかし、結果はエンゼルスでした。国内外であそこまでヤンキース入り間近と報じられたヤンキースとしては面目を潰されたも同然。チーム関係者は大谷に対して激怒しているとされています。

ヤンキースはエンゼルスと同じア・リーグに属しています。つまりシーズン中に両チームは対戦する機会があります。

面目を潰されたヤンキースはシーズン中に、「打者」大谷に対して、怒りのデッドボールによる報復を企てているともされています。当面はヤンキースとの対戦時には注意が必要でしょう。メジャーではこのような意図的な「報復」が個人の選手に対して起こるとされています。

また、地元メディアでは大谷の事を「臆病者!」とレッテルをはり、ニューヨーク市民の間でも大谷に対する反応は厳しいとされています。怖いですね。。。

最後に

エンゼルスの先発は現在5人制ですが、2刀流大谷の実現に向けて、先発6人制を目指しているともされています。

また、大谷が2刀流として新人王を獲得するためには投手として10勝以上、打者としてホームラン10本以上が必要とされています。

これはそう簡単なことではありません。特に1年目は生活の違い、文化の違い、言葉の違いとさまざまな環境の変化に慣れていく必要もあり、野球以外の壁も越えていく必要があるからです。

しかし、冷静な大谷ですから様々な障壁は既に計算済みなはずです。

メジャーの2018年シーズンは日本時間の3月29日(木)に開幕します。

日本の宝とも称される大谷の実力をメジャーでも思いっきり発揮し、チームをワールドシリース優勝に導いてもらいたいと思います。

そして個人的にはメジャーで成功を収めた後は、また日本のプロ野球に電撃復帰し世界クラスの実力を日本国内でも見せつけてもらいたいと思います。日本のプロ野球の発展のためにも!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。