【パンダ】【動物】オリンピックの前哨戦 パンダ対決?「シャンシャン」VS「ププ」

Pocket

待ちに待ったシャンシャンの公開には40〜50倍という応募が殺到しました。

今年は、例年になく、政治家のスキャンダル、芸能界の不倫・離婚騒動など、正直言って個人のプライベートに近い、言い方を変えればつまらないニュースがたくさん取り上げられましたよね。

と思いきや、一方では、北朝鮮の連続的なミサイル発射、一触触発の核戦争の危機?みたいな、地球上のすべての生命の存続を脅かしかねないニュース。。

とにかく両極端なニュースが相次ぎました。

そんな中、世間をホッとさせてくれた唯一のニュースが、上野動物園に誕生した一つの命、シャンシャンの誕生〜公開でした。

Sponsored Link

パンダと言えば、上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン(香香)」ですが・・

たしかに、見れば見るほどオリンピック金メダル級の可愛らしさですよね。。

Sponsored Link

しかししかし・・

2017年、日本を盛り上げてくれたパンダと言えば、誰が何と言おうと勿論、上野動物園の赤ちゃんパンダ「香香」です。しかし、年末になって、もう一つの子パンダが世界から注目を浴びているというニュースが飛び込んできたのです!日本のお隣、中国にいる子パンダ ププちゃんのニュースでした。

Sponsored Link

その前にちょっとパンダのお勉強

パンダ(一般的なパンダとはジャイアントパンダを指します)は中国の限られた地域、主に四川省・陝西省に生息、1869年に発見されています。

一時は絶滅の危機とも言われ、国を挙げて徹底的な保護が行われた結果、徐々にその数は回復傾向にありますが、とは言っても、2004年 約1200頭に対して、2015年でも約1860頭と、10年強かけても倍にまで増えることはなく変わらず貴重な種です。

Sponsored Link

初めまして!私はでんぐり返しのプロ!「ププ」です。

「ププ」なんて思わずプップッって吹き出してしまうような愛嬌のある可愛い名前ではないですか?残念ながらププちゃんは日本の動物園にはおりません。お住まいは中国東北部 遼寧の省都 瀋陽にある「瀋陽熊猫パンダ館」というところです。ププちゃんはジャイアントパンダの4歳の女の子です。シャンシャンから見れば随分とお姉さんになりますが、さすがお姉さん!というにはあまりにも機敏な動きを見せています。この動きをみてください!パンダの動きではない!!!!、と日本のみならず世界中から注目を浴び始めています。

見てください!この機敏な動き

ププちゃんは器用に何度もでんぐり返しをします。足の力だけで木にぶら下がろうともします。さらに、開脚して木を挟みながら木登りをしたりと、お猿さん顔負けの動きを見せています。特に、木を開脚しながら登ったり、平行棒をスイスイ渡る姿などは、今までこんなパンダ見たことがないという声が続出しているそうです。担当飼育員によれば、体が異常に柔らかく、「ヨガマスター」を超えているとも話しているそうですから、この子だけ特別な運動能力を持っているのでしょね。

まとめ

以上、オリンピックにはパンダは参加できませんが、もし参加できていたならっていう有り得ないお話でした。でも、上野動物園のシャンシャンを見ることがしばらく難しいようなお話もあるので、であればいっそのこと中国瀋陽にお出かけし、ププちゃんと見てくるというのも話題性が高いかも知れませんよ(笑)、調べてみましたら、全日空(ANA)で東京からも直行便が出ているようですし、福岡などからなら1時間半程度で着いてしまう距離のようですよ。みなさんいかがですか?

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。