【驚愕】安倍総理が大麻サプリを利用?昭恵夫人が大麻の使用を勧める!?どのような作用があるのか?

Pocket

なんと、安倍総理が大麻サプリを利用しているとの驚愕的な情報が入ってきました。森友学園問題や加計学園問題などの数々の疑惑の目を向けられている安倍総理ですが、この問題はまた新たな問題の火種となってしまうのでしょうか?今回はその真相に迫ります。

Sponsored Link

森友・加計学園問題がまだ解決していない中

今年の安倍総理は森友・加計学園問題で国民から数多くの疑惑を持たれましたね。いずれも「丁寧に説明を繰り返した」と自ら幕引きを図ろうとしていますが、多くの国民はまだ納得いっていないと思います。そんな最中、今回の大麻サプリ利用が報じられることになってしまいました。

安倍総理は潰瘍性大腸炎という持病を抱えています。(この事実自体あまり知られていないですよね。)この病気ですが、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性疾患として国の難病指定を受けていて、下血を伴う下痢や腹痛を引き起こす病気とされています。

安倍総理はこの病気に対処するために夫人の昭恵さんからの勧めにより、日本国内では禁止されている大麻草を由来としたサプリメントを服用しているというのです。しかも同様の外国製のサプリメントは数多く存在するようですが、これらは厚生労働省の「大麻取締法」に抵触可能性があるようです。

安倍総理と昭恵夫人に近い関係者の話によると、安倍総理が使用しているサプリメントは大麻草に含まれる化学成分のうち、CBD(カンナビジオール)を主成分とするサプリメントでほとんどが海外で製造されているようです。

Sponsored Link

昭恵夫人は大麻推進派?

この気になるサプリメントですが、最近では国内ではヘンプオイルとも呼ばれていて、海外で製造された製品を日本国内で取り扱いを行う代理店経由で入手することも可能になっているようです。表向きは”健康サプリ”として販売されているケースが多いようですが、マリファナの効果と近いとされていることもあり、マリファナの代わりとして入手するケースも増えているといいます。

昭恵夫人は2016年7月に京都で開かれた第1回世界麻環境フォーラムの場で安倍総理の病の治療のためにこのCBDサプリメントを使用していることを発言しているのです。以下がその発言要旨です。

《CBDサプリがてんかんや糖尿病、ガンの痛みなどの治療に有効であることを指摘した上で、日本における大麻の栽培や大麻の多様な使用を支援していく必要があるとの主張を行った。その上で、自らもアメリカの会社の薬品メーカーからCBDサプリを購入し夫である安倍総理の病気の治療に活用している。》

また、過去には鳥取県のとある大麻草栽培畑で満面の笑みで写真撮影を行いながら、「私自身、大麻栽培の免許を取得しようと考えている」と発言するなど大麻使用を日本国内で推進していこうとする考えがあることがわかります。もちろん、病気の痛みを和らげるなどの医療支援目的としての発言であったはずですが、首相夫人という立場を利用し国で禁止されている大麻の使用を推進していこうとする安易な発言は慎むべきだと思います。

Sponsored Link

CBDサプリの効果は?安倍総理の顔にも作用が見られる?

安倍首相のこのような表情を見たことないでしょうか?目がとろーんとしていますよね。実はこれ、CBDサプリの作用とされています。ではこのCBDサプリの使用方法や作用はどうなのでしょうか?とある使用者によると、ヴェポライザーという専用の吸入器をを使用するようですが、吸入器にあるボタンを押しながら成分を吸い込む仕組みのようです。吸い込むことで内蔵されている電池によって成分が加熱され、加熱によって成分が気化する仕組みのようです。実はこの使用方法が体に大きな作用を与えるようです。気化した成分を繰り返し吸い込むことで、体は次第に倦怠感に陥り、まったりとした感覚の中、顔の表情も目がとろーんとした感じになっていくようです。使用者によるとこの感覚がたまらなく気持ちよく、次第に体全体がリラックスした感覚を覚えていくようです。

このリラックスした感覚が体の免疫機能を高め、ガンの再発を防止する効果に繋がるようです。しかし、良いことばかりではないようです。現在の大麻取締法では大麻の成分ではなく、「部位」で規制されているのですが、CBDサプリは主に大麻の「茎」から抽出する成分から作られています。この茎の部分にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が多く含まれるのですが、この成分には幻覚などの向精神作用(いわゆるハイテンションになる状態)があることから日本国内では使用が規制されています。

厄介なことにこのTHCはCBDサプリメント上から完全に除去することができないのです。すなわち、違法な成分が含まれたサプリメントという位置付けであり、国もはっきりと使用に関して規制を行なっている事実があります。そんな中、安倍総理自ら積極的にこのCBDサプリメントを使用しているのであれば、大問題になります。

問題の程度は、森友・加計学園問題の比ではありません!

Sponsored Link

最後に

一連の森友・加計学園問題では「国民に対して丁寧に説明を行う」と繰り返し発言していましたが、新たなにこの問題が表面化してきた際には、国民からこれまで以上の厳しい批判を受けることは避けられません。森友・加計学園問題の時も同じですが、法や規制スレスレのラインで正当性を訴え続ける安倍総理の姿勢は言い訳を並べているだけのようにしか聞こえません。

もしこの問題が事実であるのであれば、しっかりとした説明責任に加えて、自身の出所進退自体も真剣に考えていかないといけないと思います。そして、世論も必ずそうなっていくはずです。

今後どのような説明をされるのか引き続き気になるところです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。