<政治>トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムに指定!世界各国で抗議デモ!その理由を歴史から紐解きます

Pocket

エルサレムの首都認定の意味すること

トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定、米大使館をエルサレムへ移転するよう指示を出しました。これを発端に世界中でデモが発生しています。アメリカが他国の首都を指定したことが何故これほど大きな騒動になっているのか、歴史から辿ってみたいと思います。

発端は1967年6月第三次中東戦争。何があったのでしょう?

実は第三次中東戦争というのは事実上一週間で終了しています。たった一週間の間に何があったのでしょうか?

比較的安定していたと言われるイスラエル・アラブ情勢が、1964年頃にパレスチナ解放機構(PLO)が結成されて情勢不安定化したことが伏線と言われています。パレスチナ解放機構とはイスラエル支配下にあったパレスチナを解放することを目的に設立された機関なのですが、1967年5月末、エジプト軍がパレスチナ(アラブ)を代表して進軍したことで戦争が起こりました。進軍だけならまだしも、同時に、イスラエル船舶の通航を不能することを目的に、チラン海峡を封鎖してしまいました。これにより、イスラエルは「自分たちを封じ込めるつもりだな!宣戦布告だ!」と解釈したわけですね。イスラエル軍は6月5日にアラブ各国の空軍基地に空襲を仕掛けてしまいました。エジプト・シリア・ヨルダン・イラクの空軍基地を次々に攻撃し、400機以上もの航空機を撃破したと言います。そして、6月10日の停戦までの一週間足らずで壊滅的な被害を与え、あっという間に戦争は終結、イスラエルの圧倒的な軍事力を見せつけた戦争となりました。

戦争の対価が問題の「エルサレム」

イスラエルは、エジプトからシナイ半島、パレスチナの行政地域とされるガザ地区(東洋23区の6割近くの面積)、そして、ヨルダン(イスラエル、パレスチナ暫定自治区、サウジアラビア、イラク、シリアと隣接)から東エルサレムを含むヨルダン川西岸を、シリアからゴラン高原(イスラエル、レバノン、ヨルダンおよびシリアの国境が接する高原)までを短期間で占領しました。このたった一週間弱で、イスラエルは支配地域を6倍にも広げたわけですが、今まさに問題となっている「エルサレム」がここに含まれているんです。

戦後も小競り合いは続き、そしてまた戦争の繰り返し

戦争終結も束の間、エジプトはスエズ運河を挟んでイスラエルと再び対峙、散髪攻撃を続けていました。しかし、これに業を煮やしたイスラエル軍がまたもや運河を越えてエジプト軍に先制攻撃。エジプトは再びイスラエスに敗北することになります。

以降、旧ソビエトはアラブを支持、また、イスラエルが強すぎるせいか、中東の戦力バランスを危惧したイギリス、フランスもアラブ支持に政策転換、武器輸出を停止するなどしたとされます。しかし、アメリカはイスラエル支持を表明しました。この世界情勢を背景に、1973年にまたもや領土の奪回を目的とした戦争が勃発します。エジプト・シリア両軍がイスラエルに対する攻撃を開始したのです。しかし、事実上はイスラエルの背後にはアメリカがいました。よって、イスラエルは最大の苦戦を強いられたと言われてはいますが、軍事的にはやはりイスラエルが勝利してしまいました。

そしてエルサレム首都認定

、米ソ・国連も仲介し、平和的解決を目指していたとされるエルサレム問題。日本を含む世界各国がイスラエルのエルサレム首都認定は認めていませんし、パレスチナ側から見れば「エルサレムはパレスチナの首都だ!」とも言われています。にも関わらず、このタイミングで急にアメリカがイスラエル寄りの首都認定を追認してしまったわけですから、のでしょうか。イスラエルは第三次中東戦争で占領した東エルサレムを含めた全域を「永遠の首都」と主張も、日本を含む世界各国は首都と承認せず、在イスラエル大使館を商都と言われるテルアビブに置いていたにも関わらずです。

トランプ大統領は何故動いた?

トランプ大統領は何故急にこのタイミングでエルサレムの首都認定に動いたのでしょうか?ロシア疑惑を巡り元側近が訴追されるなど、政治基盤を揺るがす事件が起きいますが、矛先を別の話題に向けるためにやったとか言う人もいます。しかし、まさか保身の為にアメリカ大統領がこの問題を引き合いに出すなんて本当にあるのでしょうか?

エルサレムにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教のそれぞれの聖地があり、国際管理下に置くという取り決めもあったのですから、アメリカなどの大国は今まで通り国連と足並みを揃えて中立且つ平和的解決の道を探って欲しいとおもいますがもはや手遅れなのでしょうか。

アメリカが戦争をしない唯一の相手とも言われる軍事大国イスラエルをこの時期に味方につける戦略でもあるのでしょうか。

他国の事とは言え、目が離せないですよね。株価が暴落しただけならまだしも、デモによって死者や負傷者も多数出ていると言います。とにかく早く平和な決着を願いたいものです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。