【健康】間違っていた!?正しい冬の健康管理方法とは?

Pocket

今年も寒い季節がやってきました。風邪やインフルエンザも流行る季節で一年で一番体調管理が難しい季節ですよね。以前も当ブログで室内の寒暖差が引き起こす「ヒートショック」について投稿しましたが、今回は寒くなるこれからの季節に有効な体調管理方法と間違っていた?体調管理方法についてまとめたいと思います。本格的な冬を迎える前にぜひ確認してみてください!

ヒートショックの予防法についてはこちらから

例年より早く寒さが訪れた

過去3年間の東京の10月の平均気温

2015年10月 18.4度
2016年10月 18.7度
2017年10月 16.8度

(出典:気象庁「東京 日平均気温の月平均値」より)

上の表は過去3年間の東京の平均気温の比較ですが、寒くなり始める10月の平均が過去の3年間では最も寒く、2017年は例年よりも早く寒さが訪れたことが分かります。11月に入ってからは日中が暖かい日が多くありましたので若干平均気温は高くなりましたが、それでも朝晩は冷え込むことがあり日中の寒暖差にも注意が必要になってきました。空気も乾燥し各種ウイルスが拡がる季節でもありますので更に注意が必要です。

マスクの長時間の着用には要注意

体調管理に注意深くなる冬の季節、風邪の予防にマスクを着用する人も増えてきます。外はもちろん、電車、会社、お店、自宅と常にマスクを着用する方が多いと思います。しかし、この長時間のマスク着用、実は良くないってご存知でしたか??マスクをしている時にくしゃみや咳をすることでそのウイルスがマスクに付着することになるのですが、例えば、水やお茶を飲む時、食事をする時は一回一回マスクを脱着しますよね?その際に手にウイルスが付着、手に付着したウイルスは鼻や口から体内に取り込まれやすくなり、気が付かぬ際に体調が悪くなっていたということにもなってしまうのです。

予防のために着用しているマスクが思わぬ逆効果になってしまうこともあるのです。対策としてはこまめにマスクを交換することですが、頻繁に交換するのもお金がかかってしまうので、オススメは「外出する回数分」とされています。要するにランチで一度外出する方であれば1回の交換ということになります。

また、前述しましたがマスクを交換する場合は内側の表面部分を手で触れることがないよう十分に注意しましょう。

▼正しいマスクの捨て方

防寒対策にも間違いが

寒くなると当然、重ね着や着用する服の枚数が増えてきますが、実はこれにも注意が必要なのです。重ね着や複数の服を着用すると通気が悪くなります。これにより体は発汗しやすい状態となりますが、この汗が逆に体温を下げてしまう要因となります。ですので、寒い=多く服を着るという発想はやめた方がいいかもしれません。重要なことは体内から体温を下げないことが重要です。すなわち、体温を大きく司ると言われる基幹となる血管付近を冷やさないことが重要になります。首元、手首、足首この3点を冷やさないように対策するだけで体調管理にはとても有効となるのです。

帰宅時の手洗いうがいは常套手段

なんといっても基本は手洗いうがいです。手は石鹸でしっかりと洗うこと、そしてしっかりと乾燥させることです。濡れた状態は菌が繁殖しやすい環境を生み出してしまいます。また、うがいも当然重要です。しかし、ここにも注意が必要。

うがいは「水」で行うことが効果的とされています。うがい薬によるうがいも当然、殺菌効果は絶大ですので今まで通りで問題ありませんが、やり過ぎには注意が必要です。殺菌効果が高いが故に必要な免疫までも殺してしまい、逆に風邪をひきやすい環境を作り出してしまうことがあるようで、うがい薬は適度に使用することが重要となります。

食事にも注意が必要

冬の食事のお供として生姜を活用する機会が増えてくると思います。鍋やジンジャー湯等にトッピングするだけで体が一気に温まりますよね。冬の食卓には欠かせない枠役的な存在ですが、実はこれも摂取過多にならないよう注意が必要です。

生姜に含まれるシンゲロールやショウガオールといった主な成分は血行を促進して体を温める効果がある一方で発汗効果も高いとされています。したがって、摂取しすぎることで汗が出やすい状態となりその分、体力も消耗しやすい状態となるのです。特に高齢者の方は注意が必要で体力が消耗することで、かえって体調を崩しやすいことになってしまいます。体に良いからといって、過度な摂取はかえって逆効果になってしまうということは肝に十分に銘じなければいけませんね。何事も適度な行動が重要です。

まとめ

明日からいよいよ12月です。忙しくなる時期にもなり特に体調を崩せない1ヶ月間にもなりますね。個人的にはそんなに意識せず普段通りの生活を送ることが大切と思います。最低限の手洗いやうがいはもちろんのことですが、風邪やインフルエンザが流行るからといって普段慣れない事や過度な対処をすることはかえって体のリズムを崩し、体調を悪くしがちです。毎年この時期になると体調を崩す方は寒くなるこの時期だけ特別なことをするのではなく、普段の生活リズムからゆっくりと対処していくことが重要です。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。