【続報!】日馬富士暴行事件!県警に提出した診断書には骨折の記載なし!?内容異なる診断書2通、不可解な点を徹底追及!

Pocket

先日お伝えした日馬富士暴行事件の続報です!当初ビール瓶で殴打と報道されていましたが、ビール瓶での殴打はしていない可能性が高いようです!

更に色々な情報、きっかけとなった出来事、不可解な点などがわかってきたので纏めてみます。

Sponsored Link

日馬富士暴行事件の振り返り

10月26日 鳥取市内でモンゴル力士会の酒席で日馬富士が貴ノ岩を暴行。

10月29日 貴乃花親方が鳥取警察に被害届を提出。

11月02日 鳥取県警が日本相撲協会に事実確認。

11月03日 日本相撲協会の危機管理部長が日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方と、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方に電話で事実確認。両親方とも「分からない」と回答。

11月5日〜9日 貴ノ岩 福岡市内の病院に入院

11月10日 貴ノ岩の休場判明

11月11日 協会臨時理事会で伊勢ケ浜親方と貴乃花親方と顔を合わせて謝罪

11月12日 大相撲九州場所初日

11月13日 貴ノ岩が協会に全治2週間の診断書を提出。

11月14日 日馬富士の暴行問題が発覚。

11月16日 モンゴル力士会の酒席に同席していた白鵬が「日馬富士はビール便では殴っていない」と発言。

上記のような流れになっています。当初はビール瓶で殴り、その衝撃で頭蓋底骨折や髄液漏れと報道されていましたが真相は異なるようです。

もう少し調べてみると、10月26日の事件に至るまでに伏線があったようです。

Sponsored Link

錦糸町での出来事が発端?

今回の暴行事件の事の発端は錦糸町での出来事にあったのではないか、と一部報道されています。

9月下旬の錦糸町のバーで、酒に酔った貴ノ岩は若い衆に説教していたそうです。

酒に酔った貴ノ岩は徐々にヒートアップしていき声を荒げる場面もあったそうです。

同席していたモンゴル出身の元幕内力士や元十両力士らがなだめようとしたがおさまらず、同席していた白鵬の友人の前で「俺は白鵬に勝った」「あなたたちの時代は終わった」「おれからは俺たちの時代」などと言い口論になったと報じられています。

その事が白鵬にも伝わり・・・

10月26日のモンゴル力士会の2次回の席で、白鵬が9月の錦糸町での出来事について、貴ノ岩の態度や先輩力士への口の利き方を叱り、あらためるように言い聞かせた。

そこで貴ノ岩がスマートフォンを操作した事を見た貴ノ岩が激昂し頭を叩いたそうです。

それでも反抗的な態度をとった貴ノ岩に暴行をはたらいたと報道されています。

ビール瓶については一部出席者による証言の食い違いもあります。

捜査関係者によると日馬富士は事情聴取に対し、暴行は認めたがビール瓶では殴っていないと説明しているそうです。

Sponsored Link

実は貴ノ岩も殴っていた!?

その出来事は今年の夏巡業中で殴られたのは別の部屋の幕下以下の力士。

宿舎の風呂場の湯が出なかった事に対する確認や報告が原因で激昂し、顔面を数発殴打、この場面を多くの力士が目撃したと報じらています。

先ほどの錦糸町の一件に加え、この事も暴行事件の背景にあったのかもしれません。

思い上がった後輩の態度を許せないとした制裁の意味もあったのかもしれません。

Sponsored Link

診断書には骨折の記載なし!?内容異なる診断書2通!

当初ニュースで報道されていた診断書は以下でした。

・脳しんとう

・左前頭部裂傷

・右外耳道炎

・右中頭蓋底骨折

・髄液漏の疑い

しかし、捜査関係者への取材で、日本相撲協会と鳥取県警に提出された診断書の内容が異なる事が分かったそうです。

協会に対する診断書は上記だったようですが、別の病院が暴行直後に作成したとみられる県警への診断書には骨折の記載がなかったようです。

現在県警は記載が異なる経緯を確認しケガの状況など詳しく調べているそうです。

まとめ

日馬富士が暴行をしてしまったという事は事実です。しかし色々な背景があった事も事実です。

なぜ異なる診断書があるのか、なぜすぐに真相が明らかにならないのか、誰かが何かをかばっているのか、日馬富士、貴ノ岩、貴乃花親方、伊勢ケ浜親方、白鵬、日本相撲協会の思惑は?

考えは?など、早く真相を明らかにしてほしいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。