【芸能】真木よう子が映画降板!新恋人の浮気が原因?

Pocket

女優の真木よう子(35)が体調不良のため出演予定の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年公開予定・東宝)を降板することになりました。最近、ドラマの途中打ち切りや新恋人の噂などで何かと話題になっている彼女ですが、一体何があったのでしょうか?

歯車が狂い始めたのはいつ?

2008年11月に俳優の片山柃雄と結婚、当時は周りの反対が多かったようですが、幼い頃に両親が離婚している彼女は穏和な家庭に憧れ結婚の意思を貫いたようです。2009年には長女を出産し順風満帆な家庭を築いていましたが、2015年9月に離婚をしてしまいました。これまでは何事も順調であった彼女の人生の歯車が狂い始めたのはこの後からだったような気がします。

今年7月から始まったドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)では主演を演じたものの、当初予定の放送回数が短縮され同年9月には終了。深夜番組並みの視聴率の低迷で事実上の打ち切りとなったようです。

その後も騒動は続く

彼女に関する問題はこれだけでは終わらなかった。今年の8月には自身の写真集を製作するために、一般より金銭を募集するいわゆるクラウドファンディングを利用し約800万円を集めようとしたのです。製作した写真集は最終的に国内最大の同人誌即売会である「コミックマーケット93」で販売しようとしたのですが、これが同人誌愛好家の間で炎上し謝罪するまで追い込まれてしまいました。このコミックマーケットは自費製作による持ち込み販売が原則ですが、クラウドファンディングを通じた手法を用いようとした行為に一斉に批判が集まりました。いわゆる「オタク」の注目を集めようとしたことが諸刃の剣となってしまったのです。

新恋人はどんな人?

離婚や騒動で何かと悩みが絶えない彼女ですが、心の支えは新たな恋人の存在が大きいようです。恋人は飲食店を数店舗経営する実業家で経済的にも余裕のある方のようですが、そんな恋人が経営する都内の飲食店に足しげく通う姿が目撃されました。お店には個室があり主には店内の個室でのデートが多くなったようです。お店に入る時間は2時間ほどだったようですが、お店を入る前は憔悴しきっていた様子が、その2時間後のお店を出るときには明るく元気な様子に変わっていたとのこと。たった2時間で個室の空間で何があったのか気になりますよね。。。ですが、それほど彼女にとって恋人の存在は精神的な支えになっていたに間違いないでしょう。

長女の親権は真木よう子、元夫との関係は?

前の夫との間で授かった長女は真木よう子にあります。ですが、関係者の間では「育児放棄ではないか」と疑われることがあったようです。それはとある日のこと、真木の恋人と言われる人物とドライブデートをする日に、なんと長女を元夫の元に預け、当の本人はそのまま新恋人の男性とドライブデートへ出かけてしまったのです。恋人とデートに出かけることは良いのですが、親権を持つ本人が自身の長女を他人に預ける、ましてやそれが元夫とはびっくりしました。しかし、よく考えると離婚しても元夫とは繋がりがあり自身の子供を預けられる信頼関係がある事はなんだか素敵ですよね。新時代の男女関係のあり方でもあるような気がします。夫婦関係ではないとはいえ、こんな関係が続く事もありなんだと思いました。

恋人との今後の関係は?

真木の恋人とされる男性ですが、彼女との関係について、「たしかに付き合っていたが、半年程度で別れた」と過去の関係は認めた上で現在の関係を否定しています。新恋人には既に別の女性の存在がいるようです。(二股ではないようです。)真木よう子の気持ちはわかりませんが、お互いが支え合う関係で成り立っているのであれば、これはこれで一つの男女の間柄としてあっても良いような気がします。

いずれにせよ彼女が早く立ち直り、またドラマや映画の舞台で活躍する姿を見てみたいものです!頑張って欲しいです!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。