【Part1】【車】東京モーターショー2017、気になる車は?コンパニオンの画像も

Pocket

東京モーターショー2017が10月27日(金)から11月5日(日)の日程で東京ビッグサイトで開催中です。2年に1回のモーターショーですが、今年のテーマは「世界を、ここから動かそう(BEYOND THE MOTOR)」ということで車業界の垣根を超えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生み出せるようなイベントを目指すという思いが込められているようです。

そんな45回目を迎える東京モーターショー、主要メーカーのイチオシやコンパニオンの写真を紹介したいと思います。

トヨタはスポーツカーコンセプトが目玉

やはり業界の雄とだけあって占有面積は最大です。目玉の車は「GR HV SPORTS concept」でしょうか。WECでも活躍中の「TS050 HYBRID」のパワーユニット技術をフィードバックしている点が最大の魅力でしょうか。現在ではモータースポーツ界にもハイブリッド技術が主流になりつつあります。

▼GR HV SPORTS concept

日産はやや控えめ?

完成品の無資格検査が問題となった日産ですが、私の印象では例年に比べてやや控えめな印象です。というのも前回はGT−Rの時期コンセプトモデルが発表されるなど、大きな見どころがありましたが、今回は新型LEAFのNISMO conceptやセレナNISMOモデルに注目を集めていた印象があります。コンパニオンによる写真撮影も他者と比べると控えめな印象です。

▼モデル末期のGT−Rもやや寂しい印象

ホンダは生活に浸透したEV、モータースポーツは控えめ?

「アーバンEVコンセプト」は普段の生活に浸透したクルマということで普段使いに適したEVが目玉のようです。まずは欧州での販売を目指しているようですが、日本では2020年頃の発売となるようです。広いキャビンと使い勝手の良さを見ると、EV版「N」シリーズの位置付けを目指しているのでしょうか。

なお、トヨタにも同様のことが言えますが、ホンダもガソリン車とEV車のダブル戦略で極力、商材の死角を生まないよう、うまく使い分けている印象があります。

▼白を基調にした上品な制服

ホンダといえばモータースポーツですが、例年に比べるとやや控えめ?な印象があります。今年はなんといってもインディ500でアジア人で初めて優勝を飾った佐藤琢磨選手が記憶に新しいですが、そのマシン(レプリカと思われる)が大々的に展示されていたのが印象的です。その一方で、F1はというと、今年でマクラレーンとのパートナーシップが終了してしまう影響もあってか、隅に寂しそうに展示されているだけです。あの栄光をもう一度見たかったですが、2018年からは新たにトロロッソがパートナーとなりますので、来年以降の活動に期待したいですね!

▼佐藤琢磨選手のインディカー!

▼隅っこで存在感に欠けるマクラーレンホンダのマシン

今やスバルの主力は「XV」

かつてはインプレッサが4WDマーケットを圧倒していたが、現在ではそれに変わって、クロスオーバーSUVという新たな領域で「XV」がスバルの主力商品になっている。魅力はなんといってもコンパクトなボディに次世代グローバルプラットフォームを採用したことによるキビキビとした走りが人気となっている。今回のモーターショーでもXV一色といった印象です。

▼無資格検査問題に関するお詫びの掲示も(日産は見当たりませんでした。。)

▼笑顔が素敵なスバルの受付

引き続き、Part2にご期待ください!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。